Skip to main content

組み込まれた強力なデータ プラットフォーム

PowerApps に組み込まれた Common Data Service for Apps を利用して、エンタープライズ グレードのアプリを作成しましょう。

今すぐ開始 

Common Data Service for Apps を利用した効率的な開発

Common Data Service for Apps は、PowerApps に統合された、コンプライアンス性に優れたスケーラブルなデータ サービス/アプリ プラットフォームです。これを利用すれば、簡単にデータを集約し、強力なアプリを短期間で開発できます。

Common Data Model を基盤として構築

200 を超える標準ビジネス エンティティが定義された Common Data Model により、自社やサードパーティでのアプリ構築が容易になります。独自のエンティティやフィールドを使ってモデルを拡張し、自社のビジネス ニーズに合わせてカスタマイズしましょう。

ビジネス プロセス エンジンを利用してアプリを自動化

ビジネス プロセス フローを使用して、利用者にビジネス プロセスを案内したり、ワークフローを自動的に開始したり、データ検証ルールを指定したりできます。既定値を設定したり、検証ロジックを指定したりできるサーバー側ロジックをビジュアル操作で定義して、高機能なアプリを作成しましょう。

信頼できる単一の情報源を組織全体で確保

Common Data Service for Apps では、共通データ モデルによってデータが標準化されるため、簡単に同一データを使ってアプリを構築し、実行できます。 さらに、このモデルをベースとして Dynamics 365 アプリケーションがネイティブに構築されているため、別途データを統合することなくアプリを作成することも可能です。PowerApps のエンタープライズ グレードのセキュリティと管理性が役立ちます。

業界パートナーから提供されるデータを活用

Dun & Bradstreet

アプリ間でデータの精度を向上

Adobe

マーケティング活動全体をエンド ツー エンドで確認可能に

CUNA Mutual Group

AdvantEdge Analytics のバンキング ソリューションを利用して情報分析を推進

Indegene

医療業界の課題を解決し、業績を改善

制約のないアプリ構築

さまざまな開発ツールやアプリケーション ライフサイクル管理ツールを使って、簡単なニーズから難しいニーズまで幅広く対応できます。プロ開発者は Common Data Service for Apps のソフトウェア開発キット (SDK) とコード プラグインを利用して、アプリを構築したり、Visual Studio などの使い慣れたツールを使ってカスタマイズを加えたりできます。