エンティティ データの管理

次のトピック

Common Data Service セキュリティ

続行

もう一度見る

このトピックでは、Common Data Service でのデータ管理を取り上げます。 データのインポートおよびエクスポートについては他のトピックでも取り上げてきましたが、ここでは Excel でのデータ操作についてより多くの時間をとります。

Excel または CSV からデータをインポートする

この例では、Excel から1つ前のトピックで作成した Product review (製品のレビュー) エンティティにデータをインポートします。 データは、CSV ファイルからもインポートできます。CSV はデータを移動するための共通の形式です。 ここで、エンティティの外観を確認しましょう。強調表示されている領域がこのトピックで注目する領域です。

Product review (製品のレビュー) エンティティ

エンティティ内の [Import data] (データのインポート) をクリックして、インポート元のファイルに移動します。 [Show mapping] (マッピングの表示) をクリックして、Excel ファイル内の列がエンティティの正しいフィールドに関連付けられていることを確認します。 マッピングが完了したら、[Save changes] (変更の保存) をクリックします。 メインのインポート画面に戻って、[Import] (インポート) をクリックします。

Excel からデータをインポートする

Excel にデータをエクスポートする

Common Data Service の外でデータにアクセスする必要がある場合は、データをエクスポートします。 エンティティ内の [Export Data] (データのエクスポート) をクリックして、zip ファイルが生成されるまで待ちます。 zip ファイルを開いて、エクスポートされたデータを確認します。 Excel にデータをエクスポートする

Excel にテンプレートをエクスポートする

データをダウンロードするほかに、テンプレートをダウンロードすることができます。 テンプレートは、エンティティのフィールドに一致する構造を持つ Excel ファイルですが、データは含みません。 テンプレートをダウンロードした後、手動またはプログラムでデータを設定して、サービスにインポートして戻します。 エンティティ内の [Export Template] (テンプレートのエクスポート) をクリックして、必要なフィールドを指定します (ここではフィールドを1つ選択しました)。 [Export to Excel] (Excel にエクスポート) をクリックして、Excel ファイルが生成されるまで待ちます。 Excel ファイルを開いて、エクスポートしたテンプレートに選択したフィールドがあることを確認します。

Excel にテンプレートをエクスポートする

Excel でデータを開いて操作する

最後に、[Open in Excel] (Excel で開く) オプションを確認しましょう。 PowerApps アドインをインストールしてある場合は、このオプションを使用して Excel でデータを表示して編集することができます。 エンティティ内の [Open in Excel] (Excel で開く) をクリックして、ファイルを開きます。 編集を有効にすると、アドインによってサービスのエンティティとのライブ接続が確立されて、ブックにデータが表示されます。 ブック内で直接編集するので、行の追加や削除ができます。 [Publish] (発行) をクリックして変更を保存します。 データを更新して最新のコピーがあるかどうか確認することもできます。データをフィルター処理することもできます。フィルター処理は、エンティティ内に大量のデータがある場合に特に便利です。

Excel で開く

Common Data Service でのデータ管理に関するトピック (データのインポートとエクスポート、Excel での操作) は以上です。 次のトピックでは、データのセキュリティ管理について説明します。