Skip to main content

関連テクノロジ

次のトピック

PowerApps でのアプリ作成の概要

続行

もう一度見る

PowerApps では、組織全体で信頼性の高いアプリを構築し共有するときに次のテクノロジをよく使用します。 アプリでは、複数のソースのデータを統合し、タスクを自動化するワークフローを含めることができます。

  • Microsoft Flow - 好みのアプリとサービスの間で自動化されたワークフローを作成します
  • データ ソース、接続とコネクタ、ゲートウェイ - アプリにクラウドとオンプレミスのデータを取り入れます
  • Common Data Service - 共通のデータ モデルを使用してビジネス データを統合します
  • Microsoft Dynamics 365 - Web ですべてのビジネス アプリを実行します
  • Microsoft AppSource - Microsoft とその多くのパートナーのために、この一元的な場所でアプリを共有します

Microsoft Flow

Microsoft Flow は、ワークフローを自動化するためのサービスで、ビジネス ユーザーが依存している、増え続けるアプリやサービスを対象としています。 Microsoft Flow でビジネスがスプードアップされ、日常の反復的なタスクに割く時間を短縮し、やりたいことに時間をかけられるようになります。 PowerApps と Microsoft Flow を組み合わせて使用して、ワークフローをトリガーしこれに対応するアプリを構築しましょう。

Microsoft Flow

データ ソース、接続とコネクタ、ゲートウェイ

大切なデータ ソースが多数ある場合でも、PowerApps ではコネクタを使用してそれらのデータ ソースに接続します。 最も人気のあるデータ ソースの一部を以下に示します。Salesforce など、これらの多くはクラウド サービスです。 コネクタは、アプリ開発で最も注目すべき部分とは思えないことがありますが、あなた自身や同僚、顧客の大切なデータを操作する上で不可欠です。 データをクラウドではなくオンプレミスで保存している場合は、ゲートウェイを使用して PowerApps とデータ ソースの間に信頼性の高い接続を提供します。 ゲートウェイは、オンプレミスのコンピューターに置かれ、PowerApps と通信します。

PowerApps のデータ ソースとコネクタ

Microsoft Common Data Service

Common Data Service は、複数のソースのビジネス データを統合しやすくします。 このサービスの特徴は、アプリやビジネス プロセスに共通する多くのエンティティを含む共通のデータ モデルです。エンティティには、Contact (連絡先)、Product (製品)、Sales Order (販売注文) などがあります。 スケーラブルで信頼性の高い方法でデータが格納され、複数のアプリケーションでデータを利用できます。 アプリケーションは、PowerApps で構築したアプリ、他の Microsoft アプリケーション、サード パーティ アプリケーションの場合があります。 下図に web.powerapps.com の Contact (連絡先) エンティティの一部を示します。

PowerApps の Contact (連絡先) エンティティ

Microsoft Dynamics 365

Dynamics 365 は専用のアプリを含むクラウド サービスです。専用のアプリでは、営業の自動化、運用、顧客サービスといった特定のビジネス ニーズに対応できます。 PowerApps では、アプリを AppSource で共有すると、共有相手のユーザーは Dynamics 365 とモバイル デバイスで、共有アプリを表示して実行することができます。 Dynamics 365 でアプリを保持する利点は、組織内で作成したアプリ、Microsoft のアプリ、サード パーティ アプリなど、すべてのビジネス アプリを実行する 1 つの環境ができることです。

Microsoft Dynamics 365

Microsoft AppSource

AppSource では、同僚、Microsoft、パートナーが構築したアプリを容易に見つけて評価することができます。 PowerApps からアプリを共有すると、AppSource で使用できるようになります。 組織内ユーザーだけが使用できるようにすることも、外部に公開することもできます。

Microsoft AppSource

PowerApps のすべてのパーツと関連テクノロジについて少し詳しく説明しました。 リストを暗記しなくては、などと思わないでください。このコースを通して、各パーツについての知識を深めていきましょう。 次は、アプリを作成する際のオプションについて概説します。