モバイル アプリを開発するメリット。

毎年 2,000 億を超えるアプリがスマートフォンにダウンロードされており、その数は増え続けています。スマートフォンは日常生活に欠かせない重要な役割を担い、レストラン選び、道案内、家族や友人とのつながり、さらに在宅勤務での重要業務にも利用されています。スマートな企業は、従業員が最も時間を使うスマートフォンを活用し、プロセスの合理化、課題の解決、チャンスへの対応を実現するカスタム モバイル アプリを構築することで、業務エクスペリエンスを改善してイノベーションを推進し、さらに多くの価値を生み出しています。

ビジネスに適したモバイル アプリを構築することで、従業員のつながり、貢献、効率を維持できます。従業員は、こうしたアプリを利用して複雑で手間のかかるプロセスを ワークフローの自動化 や他のデジタル サービスで置き換えて合理化し、働き方の最新化とイノベーションを実現して、ビジネスからリアルタイムでインサイトを導き出して共有できます。これにより優れたイノベーションが、誰かのパソコンの中に埋もれることを防ぎます。

これで、企業に所属するほとんど誰もが、簡単に独自の ローコード モバイル アプリ を作成できます。今こそ、開始する最高のタイミングです。

開始前の確認事項

ビジネスに適したモバイル アプリを作成し始める前に、明確な目標を念頭に置きましょう。獲得すべきチャンスと解決すべき課題を明らかにし、アプリによって解消したい非効率を把握します。そしてアプリを使用するユーザーと、そうした特定のニーズを考慮します。リモート ワーカーや現場のスタッフが抱える要件は、オフィスで働く従業員とは異なるかもしれません。エンジニアが求めているのは、マーケティング ライターよりも多くの技術的なツールかもしれません。

アプリの目標と対象者を定めたら、開始する準備はほぼ完了です。しかし、まず最初にトレーニング、サポート プロセス、ドキュメントを作成して、ユーザーがエクスペリエンスを改善できるようにします。最後は必ずエンゲージメントに取り組みます。モバイル アプリによって従業員の日常がどのように便利になるのかについて、情報を広める計画を立てましょう。