ノート PC とタブレットで作業している男性

初心者向けの RAD (Rapid Application Development)

チームが拡大するにつれて、ソフトウェア開発に対するアプローチの変更を検討することがあるかもしれません。IT 業界は、より速い、より強力なソリューションを作成する要求を満たすために既に取り組んでいます。また、そのソリューションはローコードかノーコードで、コスト効率に優れ、本質的に俊敏でもあります。ユーザーの要求を満たすことができるソリューションの 1 つが RAD (Rapid Application Development) で、人気が高まっています。

RAD とは

Conceived in the 1970s but officially introduced by James Martin in 1991, rapid application development is a methodology focusing on developing applications rapidly through frequent iterations and approvals with continuous client feedback. By prioritizing agile and rapid prototype releases, RAD emphasizes software usability, user feedback, and a quick delivery over long-term planning and a single initial set of requirements for building items like custom apps.

RAD 手法を使用すると次のようなメリットがあります。

  • 開発時間と納期を短縮します。

  • 柔軟性と適応力を強化します。

  • リスク管理の向上

  • 手動コーディングを減少し、テスト時間を短縮します。

  • 関連するリアルタイムのユーザー フィードバックを定期的に行います。