ノート PC とタブレットで作業している男性

初心者向けの RAD (Rapid Application Development)

チームが拡大するにつれて、ソフトウェア開発に対するアプローチの変更を検討することがあるかもしれません。IT 業界は、より速い、より強力なソリューションを作成する要求を満たすために既に取り組んでいます。また、そのソリューションはローコードかノーコードで、コスト効率に優れ、本質的に俊敏でもあります。ユーザーの要求を満たすことができるソリューションの 1 つが RAD (Rapid Application Development) で、人気が高まっています。

RAD とは

RAD (Rapid Application Development) は、継続的なクライアント フィードバックを伴う頻繁な繰り返しや承認を通じた、アプリケーションの迅速な開発に焦点を当てた手法で、1970 年代に考案され、1991 年に James Martin 氏によって正式に導入されました。RAD では、俊敏で迅速なプロトタイプのリリースを優先することにより、カスタム アプリのようなアイテムの構築に対し、長期計画と要件の単一の初期セットに基づいて、ソフトウェアの使いやすさ、ユーザー フィードバック、すばやい納品に重点が置かれます。

RAD 手法を使用すると次のようなメリットがあります。

  • 開発時間と納期を短縮します。

  • 柔軟性と適応力を強化します。

  • リスク管理の向上

  • 手動コーディングを減少し、テスト時間を短縮します。

  • 関連するリアルタイムのユーザー フィードバックを定期的に行います。