Skip to main content

Microsoft Power Apps ロードマップ

当社は、お客様のデジタル改革を可能にする新しい機能を継続的に開発しています。公開された製品ロードマップでは、次回の更新時に利用可能になる製品をご覧いただけます。

ロードマップの優先事項

生産性の高いアプリ開発プラットフォーム:

様々なスキル セットを持つユーザーたちが驚くほど高性能なアプリを一貫性をもって効率的に作成できるよう、最新のエクスペリエンス、再利用可能なカスタム コントロール、強化されたソリューションのチェックによるベスト プラクティスのサポートに投資します。

エンタープライズ レベルのパフォーマンスとスケーラビリティ:

シンプルなアプリから高機能なアプリまで、必要に合わせてスケーリングするプラットフォームを組織でご利用いただけるようになります。強化されたツールにより、パフォーマンスと安定性のチェック、使用状況とリソース消費のより詳細な可視化、管理者向けの拡張サポートを提供します。

統一アプリケーション プラットフォーム:

アプリを構築し、Office 365 と Dynamics 365 を拡張するための、一貫したエクスペリエンスを提供します。投資には、統一インターフェイスの拡張、モデル駆動型アプリへのキャンバス アプリの埋め込みのサポート、Common Data Service for Apps のネイティブ サポートが含まれます。

公開形態と詳細

リリース プランでは、新機能を継続的に提供する取り組みの概要を示し、今後のリリースをいち早くお知らせします。

Dynamics 365 と Power Platform 製品を利用できるか地域ごとに確認する

製品ロードマップの詳細情報

Microsoft Power Platform

Dynamics 365

製品ロードマップ - 間もなく公開

Dynamics 365

Microsoft Power Apps ロードマップ

プレリリース製品またはプレリリース機能は、製品版リリースの前に大幅に修正される場合があります。このロードマップには製品ビューが表示されています。個々の機能の最終ライセンスを示すものではありません。Microsoft は、記載されている情報について、明示または黙示を問わず、一切保証しません。

詳細を確認する