PowerApps で、既存のアプリまたはゼロから作成するアプリにデータ接続を追加します。 このトピックでは PowerApps Studio を使用しますが、接続管理トピックで説明しているように、powerapps.com を利用することもできます。

アプリのデータ接続は、SharePoint、Salesforce、OneDrive、または他の多くのデータ ソースのいずれかに接続できます。

この記事の後に来る次のステップは、以下に示す例のように、接続したデータ ソースのデータをアプリで表示および管理することです。

  • OneDrive に接続し、アプリ内で Excel ブックのデータを管理する。
  • Twilio に接続し、アプリから SMS メッセージを送信する。
  • SQL Server に接続し、アプリからテーブルを更新する。

前提条件

PowerApps にサインアップし、インストールして開きます。その後、サインアップに使用したのと同じ資格情報を入力してサインインします。

データ接続の背景

ほとんどの PowerApps アプリでは、クラウド サービスに格納されているデータ ソースと呼ばれる外部情報を使用します。 一般的な例は、OneDrive for Business に格納されている Excel ファイル内のテーブルです。 これらのデータ ソースには、アプリからコネクタを使用してアクセスできます。

最も一般的なデータ ソースはテーブルで、情報の取得および保存に使用できます。 データ ソースへのコネクタを使用すれば、Microsoft Excel ブック、SharePoint リスト、SQL テーブル、その他多くの形式でデータの読み書きを行えます。それらのデータは、OneDrive for Business、DropBox、SQL Server などのクラウド サービスに格納できます。

電子メール、カレンダー、Twitter、(近い将来の) 通知など、テーブル以外の種類のデータ ソースもあります。

ギャラリーフォームの表示、およびフォームの編集 コントロールを使用すると、データ ソースからデータを読み書きするアプリを簡単に作成できます。 まず最初に、データ フォームについての記事を読みます。

接続を追加する

  1. 画面の左端にある [File (ファイル)] メニューの [New (新規)] をクリックまたはタップします。

    [File (ファイル)] メニューの [New (新規)] オプション

  2. [Blank app (空のアプリ)] タイルで、[Phone layout (Phone レイアウト)] をクリックまたはタップします。

    アプリを最初から作成する

  3. 右下隅近くの [Data sources (データ ソース)] をクリックまたはタップして、右側のペインの [Data sources (データ ソース)] タブを開きます。

    [Data sources (データ ソース)] タブを開く

    : 既存のアプリを更新する際に、右側のペインに [Data sources (データ ソース)] タブが表示されていない場合は、左のナビゲーション バーでいずれかの画面をクリックまたはタップして選択します。

  4. [Data sources (データソース)] タブで、[Add data source (データ ソースの追加)] をクリックまたはタップします。

    データ ソースの追加

  5. 接続の一覧をチェックして、使用したい接続が一覧にあるかどうかを確認します。

    データ ソースの追加

既存の接続の使用

使用したい接続が一覧に表示されている場合は、その接続をクリックまたはタップしてアプリに追加します。

データ ソースの追加

接続の作成

使用したい接続が一覧に含まれていない場合は、次の手順に従います。

  1. [New connection (新しい接続)] をクリックまたはタップして、コネクタの一覧を表示します。

    接続の追加

  2. 作成する接続の種類 (たとえば、Office 365 Outlook) が表示されるまでコネクタの一覧をスクロールし、それをクリックまたはタップします。

    接続の選択

  3. [Create (作成)] をクリックまたはタップして、接続の作成とアプリへの追加の両方を行います。

    [Connect (接続)] ボタン

追加の手順

Microsoft Translator などのコネクタでは、追加の手順を実行しなくても、すぐにデータを表示できます。 コネクタによっては、資格情報の入力や、特定のデータ セットの指定などの手順が要求されることがあります。 たとえば、SharePointSQL Server では、使用する前に追加情報の入力を求められます。

次の手順