powerapps.com で、PowerApps から 1 つ以上のデータ ソースへの接続を作成したり、接続を削除したり、その資格情報を更新したりします。

アプリのデータ接続では、SharePoint、SQL Server、Office 365、OneDrive for Business、Salesforce、Excel などの多くのデータ ソースに接続できます。

この記事の後の次のステップは、以下の例のように、データ ソースのデータをアプリで表示し、管理することです。

  • OneDrive for Business に接続し、アプリで Excel ブックのデータを管理する。
  • SharePoint サイトにあるリストを更新する。
  • SQL Server に接続し、アプリからテーブルを更新する。
  • Office 365 で電子メールを送信する。
  • ツイートを送信する。
  • Twilio に接続し、アプリから SMS メッセージを送信する。

前提条件

  1. PowerApps にサインアップ
  2. サインアップに使用した資格情報で powerapps.com にサインインします。

データ接続の背景

ほとんどの PowerApps アプリでは、クラウド サービスに格納されているデータ ソースと呼ばれる外部情報を使用します。 一般的な例は、OneDrive for Business に格納されている Excel ファイル内のテーブルです。 これらのデータ ソースには、アプリから接続を使用してアクセスできます。

最も一般的なデータ ソースの種類はテーブルで、情報の取得および保存に使用できます。 データ ソースへの接続を使用すると、Microsoft Excel ブック、SharePoint リスト、SQL テーブル、およびその他の多くの形式でデータの読み書きを行うことができ、それらを OneDrive for Business、DropBox、SQL Server などのクラウド サービスに格納できます。

電子メール、カレンダー、Twitter、(近い将来の) 通知など、テーブル以外の種類のデータ ソースもあります。

ギャラリーフォームの表示、およびフォームの編集 コントロールを使用すると、データ ソースからデータを読み書きするアプリを簡単に作成できます。 最初に、データ フォームについての記事をご覧ください。

powerapps.com で接続を作成し、管理するだけでなく、次のようなタスクを実行した場合にも接続を作成できます。

  • カスタム SharePoint リストなど、データからのアプリを自動的に生成します。
  • 接続の追加に関するページの手順に従って、既存のアプリを更新するかアプリを最初から作成する。
  • 別のユーザーが作成したアプリを開き、自分と共有する

: 代わりに PowerApps Studio を使用する場合は、[ファイル] メニューを開き、[接続] をクリックまたはタップすると、powerapps.com が開くので、そこで接続の作成と管理を行うことができます。

新しい接続を作成する

  1. powerapps.com にまだログインしていない場合は、ログインします。

  2. 左側のナビゲーション バーで、[接続] をクリックまたはタップします。

    接続の管理

  3. 右上隅にある [新しい接続] をクリックまたはタップします。

    接続追加

  4. 表示された一覧からコネクタをクリックまたはタップして、画面の指示に従います。

接続追加

  1. [作成] ボタンをクリックまたはタップします。

接続追加

  1. 画面の指示に従います。 コネクタによっては、資格情報の入力や特定のデータ セットの指定などの手順の実行が要求されることがあります。 Microsoft Translator などでは要求されません。

たとえば、次のコネクタでは、使用する前に追加情報の入力を求められます。

新しいコネクタが [Connections (接続)] に表示され、アプリに追加できるようになります。

接続の更新または削除

接続の一覧で、更新または削除する接続を見つけて、接続の右側にある省略記号 (3 ドット記号) をクリックまたはタップします。

接続の更新

  • 接続の資格情報を更新するには、キー アイコンをクリックまたはタップし、その接続の資格情報を入力します。

  • 接続を削除するには、ごみ箱アイコンをクリックまたはタップします。