弊社では、サード パーティ認定プロセスの一環として、コネクタを公開する前に審査を実施しています。 コネクタの認定を受けることで、Microsoft Flow、PowerApps、および Logic Apps のすべてのユーザーがそれを利用できるようになります。 認定基準と手順を次に示します。

基準

機能 詳細 必須または推奨
ビジネス向けのサービスとしてのソフトウェア (SaaS) Microsoft Flow、PowerApps、および Logic Apps に十分に適合するビジネス ユーザー向けのシナリオであること 必須
認証の種類 API は OAuth2、API キー、または基本認証をサポートしていること 必須
サポート お客様が支援を受けることができるサポートの連絡先が用意されていること 必須
可用性/アップタイム アプリのアップタイムが少なくとも 99.9% であること 推奨

コネクタを提出する

次の 3 つの単純な手順で、Microsoft Flow、PowerApps、および Logic Apps 向けのコネクタとしての認定を受けることができます。

  1. 申請

    • 認定申請を提出します。
    • 機密保持契約書とパートナー契約書を受領します。 先に進むためには、署名付きの契約書が必要です。
    • 申請が基準を満たしているかどうかがチェックされます。 承認後に、認定を開始するための指示が通知されます。
  2. 審査

    審査を受けるための次の情報を認定担当者に提出します。

    • 作成した API を記述している OpenAPI ファイル
    • icon.png ファイル (230 ピクセル四方の 160 以下のピクセルのロゴ、色付きの背景に白を推奨)
    • 16 進数のブランド カラー (icon ファイルの色付きの背景と一致)
    • 検証用のテスト アカウント
    • サポートの問い合わせ先

    追加情報が必要な場合は、詳細について連絡があります。

  3. 公開

    コネクタ機能とコンテンツの検証が終了したら、コネクタがすべての製品とリージョンでデプロイ用にステージングされます。