本日より、PowerApps で作成し、公開したアプリを Dynamics 365 on the web で見つけ、利用できます。 使用をはっきり選択したアプリ (つまり、共有メールから起動するか、AppSource から開いて選択したアプリ) や管理者から与えられたアプリなど、すべてのアプリが表示されます。 これには PowerApps のすべてのアプリと Microsoft の Dynamics 365 アプリケーションが含まれます。 アプリを検索したり、環境別に絞り込んだり、頻繁に使用するアプリをページの一番上に固定したりできます。

Dynamics 365 のアプリ

AppSource 組織ギャラリーからアプリを見つける

Microsoft AppSource は Dynamics 365 ホーム ページと共通ナビゲーションに組み込まれるようになりました。 社内で利用できるアプリのプライベート ギャラリーが含まれています。 ホーム ページやタスク ウィンドウから [Get more apps (他のアプリを取得)] を選択し、[My Organization (自分の組織)] タブに移動すると、自分が利用できるアプリが表示されます。

Dynamics 365 のアプリ

PowerApps で作成され、User アクセス許可のあるセキュリティ グループまたは会社全体と共有されたアプリがホーム ページを散らかすことなく、ここに表示されます。 AppSource からアプリを取得すると、そのアプリはホーム ページに表示され、操作全体で簡単にアクセスできます。

Dynamics 365 のアプリ