SQL Server アイコン

Azure またはオンプレミス データベースで SQL Server に接続し、PowerApps でそこから情報を表示できるようにします。

前提条件

  • PowerApps にサインアップし、PowerApps Studio をインストールして開きます。その後、サインアップに使用したものと同じ資格情報を入力してサインインします。
  • 主キーを持つテーブルが 1 つ以上含まれるデータベースに関して次の情報を集めます。

    • データベースの名前
    • データベースがホストされているサーバーの名前
    • データベースに接続するための有効なユーザー名/パスワード
    • データベースへの接続に必要な認証の種類

    この情報がない場合、使用するデータベースの管理者にお問い合わせください。

  • オンプレミス データベースの場合、自分と共有されたデータ ゲートウェイを特定します (あるいはデータ ゲートウェイを作成します)。

    : ゲートウェイとオンプレミス接続は、ユーザーの既定の環境でのみ作成し、使用することができます。

アプリを自動的に生成する

  1. PowerApps Studio の [ファイル] メニュー (画面左側) の [新規] をクリックまたはタップします。

    [File (ファイル)] メニューの [New (新規)] オプション

  2. [データを使用して開始] で、コネクタの行端にある右矢印をクリックまたはタップします。

  3. 使用するデータベースへの接続が既に与えられている場合、それをクリックまたはタップし、手順 7 に進んでください。

  4. [新しい接続] をクリックまたはタップし、[SQL Server] をクリックまたはタップします。

    SQL Server 接続を追加する

  5. 次の手順のいずれかを実行します。

    • [直接接続 (クラウド サービス)] を指定し、サーバー名、データベース名、ユーザー名、使用するデータベースのパスワードを入力するか、貼り付けます。

      Azure のデータベースに接続する

    • [オンプレミス データ ゲートウェイを使用する接続] を指定し、サーバー名、データベース名、ユーザー名、使用するデータベースのパスワードを入力するか貼り付けて、認証の種類とゲートウェイを指定します。

      オンプレミス データベースに接続する

      : ゲートウェイがない場合、ゲートウェイをインストールし、[ゲートウェイ一覧を最新の情報に更新] をクリックまたはタップします。

  6. [接続] をクリックまたはタップします。

  7. [データセットの選択] のオプションをクリックまたはタップし、[テーブルの選択] のオプションをクリックまたはタップし、[接続] をクリックまたはタップします。

    PowerApps により、3 つの画面にデータを表示するアプリが作成されます。 ヒューリスティックスにより表示するデータの種類が提案されますが、場合によっては、自分のニーズに合わせて UI をカスタマイズする必要があります。

  8. アプリのカスタマイズは、「Create an app from Excel」 (Excel からアプリを作成する) にある説明と同様の手法で行います。最初にアプリのレイアウトを変更します。

アプリをゼロから作成

  1. PowerApps のサインアップに使用したものと同じアカウントで powerapps.com にサインインします。

  2. 左側のナビゲーション バーで、[接続] をクリックまたはタップします。

    接続を管理する

  3. 右上隅で [新しい接続] をクリックまたはタップし、[SQL Server] をクリックまたはタップします。

  4. 次の手順のいずれかを実行します。

    • [直接接続 (クラウド サービス)] を指定し、サーバー名、データベース名、ユーザー名、使用するデータベースのパスワードを入力するか、貼り付けます。

      Azure のデータベースに接続する

    • [オンプレミス データ ゲートウェイを使用する接続] を指定し、サーバー名、データベース名、ユーザー名、使用するデータベースのパスワードを入力するか貼り付けて、認証の種類とゲートウェイを指定します。

      Azure のデータベースに接続する

      : ゲートウェイがない場合、ゲートウェイをインストールし、時計回りアイコンをクリックまたはタップし、一覧を更新します。

  5. [作成] をクリックまたはタップして接続を作成します。

  6. アプリをゼロから作成」の説明と同様の手法でアプリを作成します。

既存のアプリを更新する

  1. PowerApps Studio で、更新するアプリを開きます。

  2. 右のウィンドウで [データ ソース] タブをクリックまたはタップし、[データソースの追加] をクリックまたはタップします。

    右のウィンドウに [データ ソース] タブが表示されない場合、左のナビゲーション バーの任意の画面をクリックまたはタップします。

    データ ソースの追加

  3. [新しい接続] をクリックまたはタップし、[SQL Server] をクリックまたはタップし、[接続] をクリックまたはタップします。

  4. 次の手順のいずれかを実行します。

    • [直接接続 (クラウド サービス)] を指定し、サーバー名、データベース名、ユーザー名、使用するデータベースのパスワードを入力するか、貼り付けます。

      Azure のデータベースに接続する

    • [オンプレミス データ ゲートウェイを使用する接続] を指定し、サーバー名、データベース名、ユーザー名、使用するデータベースのパスワードを入力するか貼り付けて、認証の種類とゲートウェイを指定します。

      Azure のデータベースに接続する

      : ゲートウェイがない場合、ゲートウェイをインストールし、循環アイコンをクリックまたはタップし、一覧を更新します。

  5. [接続] をクリックまたはタップします。

  6. [データセットの選択] で、オプションをクリックまたはタップします。

  7. [テーブルの選択] で 1 つまたは複数のチェック ボックスをオンにし、[接続] をクリックまたはタップします。

次の手順