Office 365 Outlook

Office 365 Outlook に接続すると、メール メッセージの表示、送信、削除、返信、その他のタスクを実行できます。

ボタンやラベルなどのコントロールを追加して、アプリでこれらの機能を実行することができます。 たとえば、メールの宛先、件名、本文など、メールの情報を要求する入力テキスト ボックスをアプリに追加できます。 次に、メールを送信する送信ボタンを追加します。

このトピックでは、Office 365 Outlook を接続として追加する方法、アプリに Office 365 Outlook をデータ ソースとして追加する方法、および他のコントロールでこのデータを使う方法について説明します。

重要: この記事の執筆時点で、予定表および連絡先の機能はサポートされていません。

 

前提条件

Office 365 への接続

  1. データ接続を追加して、[Office 365 Outlook] を選びます。

    Office 365 への接続

  2. [接続] を選択します。サインインが求められた場合は、職場アカウントを入力します。

Office 365 Outlook の接続が作成され、アプリに追加されます。 これで、この接続を使用できるようになりました。

Office 365 Outlook の接続をアプリで使う

メールを表示する

  1. [挿入] メニューの [ギャラリー] を選び、[テキスト ギャラリー] コントロールを選びます。

  2. その Items プロパティを次の式に設定します。

    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false})

    ギャラリー コントロールに、メールの一部が自動的に設定されます。

  3. ギャラリーで、最初のラベルの Text プロパティを ThisItem.From に設定します。 2 つ目のラベルを ThisItem.Subject に設定します。 3 つ目のラベルを ThisItem.Body に設定します。 ラベルのサイズを変更することもできます。

    ギャラリー コントロールが、新しいプロパティで自動的に設定されます。

  4. この関数には、省略可能なパラメーターがいくつかあります。 ギャラリーの Items プロパティを、次のいずれかの式に設定します。

    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false})
    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false, top:2})
    Office365.GetEmails({folderPath:"Sent Items", fetchOnlyUnread:false, top:2})
    Office365.GetEmails({folderPath:"Sent Items", fetchOnlyUnread:false, top:2, searchQuery:"powerapps"})
    Office365.GetEmails({folderPath:"Deleted Items", fetchOnlyUnread:false, top:2, skip:3})

メールを送信する

  1. [挿入] メニューで、[テキスト][Text input] (テキスト入力) の順に選択します。 これを 3 回繰り返し、3 つの異なるテキスト入力コントロールを作成します。 これらを 1 列に配置します。

  2. 次のように名前を変更します。

    • inputTo
    • inputSubject
    • inputBody
  3. [挿入] メニューで [コントロール] を選び、[ボタン] を選びます。 その OnSelect プロパティを次の式に設定します。

    Office365.SendEmail(inputTo.Text, inputSubject.Text, inputBody.Text)

  4. ボタンを他のすべてのコントロールの下に表示されるように移動し、Text プロパティを「メールの送信」に設定します。

  5. F5 キーを押すか、[プレビュー] ボタン ( ) を選びます。 有効なメール アドレスを inputTo に入力し、他の 2 つのテキスト入力コントロールに適当なテキストを入力します。

  6. [メールの送信] を選んでメッセージを送信します。 Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

メールを削除する

  1. [挿入] メニューの [ギャラリー] を選び、[テキスト ギャラリー] コントロールを選びます。

  2. その Items プロパティを次の式に設定します。

    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false})

    ギャラリー コントロールに、メールの一部が自動的に設定されます。

  3. ギャラリーで、最初のラベルの Text プロパティを ThisItem.Id に設定します。 2 つ目のラベルを ThisItem.Subject に設定します。 3 つ目のラベルを ThisItem.Body に設定します。

  4. ギャラリーで最初のラベルを選び、名前を EmailID に変更します。

    [オプション] ウィンドウを閉じる

  5. ギャラリーで 3 つ目のラベルを選び、ボタン ([挿入] メニュー) を追加します。 ボタンの OnSelect プロパティを次の式に設定します。

    Office365.DeleteEmail(EmailID.Text)

  6. F5 キーを押すか、[プレビュー] ボタン ( ) を選びます。 ギャラリーでメールの 1 つを選び、ボタンをクリックします。

    選んだメールが受信トレイから削除されます。 慎重に選んでください。

  7. Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

メールを開封済みにする

ここでは、「メールを削除する」と同じコントロールを使います。

  1. ボタンの OnSelect プロパティを次の式に設定します。

    Office365.MarkAsRead(EmailID.Text)

  2. F5 キーを押すか、[プレビュー] ボタン ( ) を選びます。 未開封のメールを 1 つ選び、ボタンをクリックします。

  3. Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

使用可能な関数の確認

この接続には、次の関数が含まれています。

関数名 説明
GetEmails フォルダーからメールを取得します
SendEmail メール メッセージを送信します
DeleteEmail メッセージ ID を使ってメール メッセージを削除します
MarkAsRead メール メッセージを開封済みとしてマークします
ReplyTo メール メッセージに返信します
GetAttachment ID でメッセージの添付ファイルを取得します
OnNewEmail 新しいメールが到着したら、フローをトリガーします
SendMailWithOptions 複数のオプションを指定してメールを送信し、受信者がいずれかのオプションで返信するのを待ちます。
SendApprovalMail 承認メールを送信し、宛先からの応答を待ちます。

GetEmails

メールを取得する: フォルダーからメールを取得します

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
folderPath string いいえ メッセージを取得するフォルダーのパスです (既定値: "Inbox")
top 整数 いいえ 取得するメールの件数です (既定値: 10)
fetchOnlyUnread ブール値 いいえ 未開封のメッセージのみを取得します (既定値: true)
includeAttachments ブール値 いいえ true に設定すると、メール メッセージと共に添付ファイルも取得されます (既定値: false)
searchQuery string いいえ メールをフィルター処理する検索クエリです
skip 整数 いいえ スキップするメールの件数です (既定値: 0)
skipToken string いいえ 新しいページをフェッチするためのスキップ トークンです

出力プロパティ

プロパティ名 データ型 必須 説明
配列 はい 次のプロパティを含むことができるメール メッセージを受信します。
  • From (省略可能)
  • To (必須)
  • Subject (必須)
  • Body (必須)
  • Importance (省略可能): "Low"、"Normal"、または "High"
  • HasAttachment (省略可能)
  • Id (省略可能)
  • IsRead (省略可能)
  • DateTimeReceived (省略可能)
  • Attachments (省略可能): 添付ファイルを受信します。 添付ファイルのプロパティには、Id (必須)、ContentType (必須)、Name (必須)、ContentBytes (必須) が含まれます。
  • Cc (省略可能)
  • Bcc (省略可能)
  • IsHtml (省略可能)

SendEmail

メールを送信する: メール メッセージを送信します

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
emailMessage はい 次のプロパティを含むことができるメール メッセージのインスタンスです。
  • Attachment (省略可能): 添付ファイルを送信します。 添付ファイルのプロパティは、Name (必須) と ContentBytes (必須) を含みます。
  • From (省略可能)
  • Cc (省略可能)
  • Bcc (省略可能)
  • Subject (必須)
  • Body (必須)
  • Importance (省略可能): "Low"、"Normal"、または "High"
  • IsHtml (省略可能): true または false を入力します
  • To (必須): メール アドレスをコンマで区切ります。

出力プロパティ

なし。

DeleteEmail

メールを削除する: ID を指定してメール メッセージを削除します

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
messageId string はい 削除するメッセージの ID です。

出力プロパティ

なし。

MarkAsRead

開封済みとしてマークする: メール メッセージを開封済みとしてマークします

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
messageId string はい 開封済みとしてマークするメッセージの ID です

出力プロパティ

なし。

ReplyTo

メッセージに返信する: メール メッセージに返信します

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
messageId string はい 返信するメッセージの ID です
comment string はい 返信のコメントです
replyAll ブール値 いいえ すべての受信者に返信します

出力プロパティ

なし。

GetAttachment

添付ファイルを取得する: ID でメッセージの添付ファイルを取得します

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
messageId string はい メッセージの ID です
attachmentId string はい ダウンロードする添付ファイルの ID です

出力プロパティ

なし。

OnNewEmail

新しいメールでの処理: 新しいメールが到着したらフローをトリガーします

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
folderPath string いいえ 取得するメール フォルダーです (既定値: Inbox、Inbox\ToMe など)
string いいえ 受信者のメール アドレスです
from string いいえ 差出人のアドレスです
importance string いいえ メールの重要度です (High、Normal、Low) (既定値: Normal)
fetchOnlyWithAttachment ブール値 いいえ 添付ファイルのあるメールのみを取得します
includeAttachments ブール値 いいえ 添付ファイルを含めます
subjectFilter string いいえ 件名内で検索する文字列です。

出力プロパティ

プロパティ名 データ型 必須 説明
配列 いいえ

SendMailWithOptions

オプション付きでメールを送信する: 複数のオプションを指定してメールを送信し、受信者がいずれかのオプションで返信するのを待ちます。

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
optionsEmailSubscription はい 次に示す、メール サブスクリプション要求のオプションです。
  • NotificationUrl (省略可能)
  • Message (省略可能)

出力プロパティ

プロパティ名 データ型 必須 説明
id string いいえ
resource string いいえ
notificationType string いいえ
notificationUrl string いいえ

SendApprovalMail

承認メールを送信する: 承認メールを送信し、宛先からの応答を待ちます。

入力プロパティ

名前 データ型 必須 説明
approvalEmailSubscription はい 次に示す、承認メールのサブスクリプション要求です。
  • NotificationUrl (省略可能)
  • Message (省略可能)

出力プロパティ

プロパティ名 データ型 必須 説明
id string いいえ
resource string いいえ
notificationType string いいえ
notificationUrl string いいえ

便利なリンク