Office 365 Outlook

Office 365 Outlook に接続すると、メール メッセージの表示、送信、削除、返信、その他のタスクを実行できます。

コントロールを追加して、ご使用のアプリでそうした機能を実行できます。 たとえば、メールの宛先、件名、本文などの情報を要求するテキスト入力コントロールを追加したり、メールを送信するボタン コントロールを追加したりできます。

このトピックでは、Office 365 Outlook を接続として追加する方法、アプリに Office 365 Outlook をデータ ソースとして追加する方法、および他のコントロールでこのデータを使う方法について説明します。

重要: この記事の執筆時点では、カレンダー操作では定期的なイベントがサポートされていません。

 

前提条件

Office 365 Outlook に接続する

  1. データ接続を追加して、[Office 365 Outlook] を選びます。

    Office 365 への接続

  2. [接続] を選択します。サインインが求められた場合は、職場アカウントを入力します。

Office 365 Outlook の接続が作成され、アプリに追加されました。 これで、この接続を使用できるようになりました。

メッセージを表示する

  1. [挿入] メニューの [ギャラリー] を選び、[テキスト ギャラリー] コントロールを選びます。

  2. その Items プロパティを次の式に設定します。

    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false})

    ギャラリー コントロールに、メールの一部が自動的に設定されます。

  3. ギャラリーで、最初のラベルの Text プロパティを ThisItem.From に設定します。 2 つ目のラベルを ThisItem.Subject に設定します。 3 つ目のラベルを ThisItem.Body に設定します。 ラベルのサイズを変更することもできます。

    ギャラリー コントロールが、新しいプロパティで自動的に設定されます。

  4. この関数には、省略可能なパラメーターがいくつかあります。 ギャラリーの Items プロパティを、次のいずれかの式に設定します。

    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false})
    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false, top:2})
    Office365.GetEmails({folderPath:"Sent Items", fetchOnlyUnread:false, top:2})
    Office365.GetEmails({folderPath:"Sent Items", fetchOnlyUnread:false, top:2, searchQuery:"powerapps"})
    Office365.GetEmails({folderPath:"Deleted Items", fetchOnlyUnread:false, top:2, skip:3})

メッセージを送信する

  1. [挿入] メニューで、[テキスト][Text input] (テキスト入力) の順に選択します。

  2. 上記の手順を 2 回繰り返して 3 つのボックスを作成します。次に、作成した 3 つのボックスを一列に配置します。

  3. コントロールの名前を次のように変更します。

    • inputTo
    • inputSubject
    • inputBody
  4. [挿入] メニューで [コントロール] を選び、[ボタン] を選びます。 その OnSelect プロパティを次の式に設定します。

    Office365.SendEmail(inputTo.Text, inputSubject.Text, inputBody.Text)

  5. ボタンを他のすべてのコントロールの下に表示されるように移動し、Text プロパティを「メールの送信」に設定します。

  6. F5 キーを押すか、[プレビュー] ボタン ( ) を選びます。 有効なメール アドレスを inputTo に入力し、他の 2 つのテキスト入力コントロールに適当なテキストを入力します。

  7. [メールの送信] を選んでメッセージを送信します。 Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

ファイルが添付されたメッセージを送信する

たとえば、ユーザーがデバイスのカメラを使用して写真を撮影し、その写真を添付ファイルとして送信するアプリを作成できます。 ユーザーは、他のさまざまな種類のファイルをメール アプリに添付することもできます。

メッセージに添付ファイルを追加するには、前のセクションの手順に従いますが、添付ファイルを指定するにはパラメーターを追加します (ボタンの OnSelect プロパティを設定するとき)。 このパラメーターはテーブルとして構成されており、ここで各添付ファイルの最大 3 つのプロパティを指定します。

  • 名前
  • ContentBytes
  • @odata.type

: @odata.type プロパティを指定できる添付ファイルは 1 つだけです。また、このプロパティは空の文字列に設定できます。

この例では、写真は file1.jpg として送信されます。

Office365.SendEmail(inputTo.Text, inputSubject.Text, inputBody.Text, {Attachments:Table({Name:"file1.jpg", ContentBytes:Camera1.Photo, '@odata.type':""})})

この例では、写真の他に、オーディオ ファイルが送信されます。

Office365.SendEmail(inputTo.Text, inputSubject.Text, inputBody.Text, {Attachments:Table({Name:"file1.jpg", ContentBytes:Camera1.Photo, '@odata.type':""}, {Name:"AudioFile", ContentBytes:microphone1.audio })})

メッセージを削除する

  1. [挿入] メニューの [ギャラリー] を選び、[テキスト ギャラリー] コントロールを選びます。

  2. その Items プロパティを次の式に設定します。

    Office365.GetEmails({fetchOnlyUnread:false})

    ギャラリー コントロールに、メールの一部が自動的に設定されます。

  3. ギャラリーで、最初のラベルの Text プロパティを ThisItem.Id に設定します。 2 つ目のラベルを ThisItem.Subject に設定します。 3 つ目のラベルを ThisItem.Body に設定します。

  4. ギャラリーで最初のラベルを選び、名前を EmailID に変更します。

    [オプション] ウィンドウを閉じる

  5. ギャラリーで 3 つ目のラベルを選び、ボタン ([挿入] メニュー) を追加します。 ボタンの OnSelect プロパティを次の式に設定します。

    Office365.DeleteEmail(EmailID.Text)

  6. F5 キーを押すか、[プレビュー] ボタン ( ) を選びます。 ギャラリーでメールの 1 つを選び、ボタンをクリックします。

    選んだメールが受信トレイから削除されます。 慎重に選んでください。

  7. Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

メッセージを開封済みにする

ここでは、「メールを削除する」と同じコントロールを使います。

  1. ボタンの OnSelect プロパティを次の式に設定します。

    Office365.MarkAsRead(EmailID.Text)

  2. F5 キーを押すか、[プレビュー] ボタン ( ) を選びます。 未開封のメールを 1 つ選び、ボタンをクリックします。

  3. Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

便利なリンク