PowerApps で接続を作成すると、Oracle データベースのテーブルを一覧表示してテーブルの行の作成、読み取り、更新、削除を行い、アプリを作成することができます。 Oracle データベースへの接続では、フィルター処理や並び替えなど、トリガーとストアド プロシージャを除く機能の完全委任がサポートされています。

前提条件

  • Oracle 9 以降
  • Oracle クライアント ソフトウェア 8.1.7 以降
  • オンプレミス データ ゲートウェイのインストール
  • Oracle クライアント SDK のインストール

オンプレミス データ ゲートウェイをインストールする

ゲートウェイをインストールするには、こちらのチュートリアルの手順に従います。

オンプレミス データ ゲートウェイはブリッジとして機能し、オンプレミス データ (クラウド内に存在しないデータ) と Power BI、Microsoft Flow、Logic Apps、PowerApps の各サービス間でデータを素早く安全に転送することができます。 複数のサービスやデータ ソースで、同一のゲートウェイを使用できます。 詳細については、ゲートウェイの概要に関する記事を参照してください。

Oracle クライアントをインストールする

オンプレミス データ ゲートウェイと同じコンピューターに、64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) for Windows x64 をインストールします。 このインストールを行わないと、既知の問題の一覧で説明しているように、接続の作成時または使用時にエラーが発生します。

Oracle データベースのテーブルからアプリを作成する

  1. PowerApps Studio の [File (ファイル)] メニュー (画面左側) の [New (新規)] をクリックまたはタップします。

[新規] オプション

  1. [データを使用して開始] の下にある矢印をクリックまたはタップします。

    既にある接続の一覧が表示されます。

  2. [新しい接続] をクリックまたはタップします。

新しい接続

  1. 接続の一覧で [Oracle Database] をクリックまたはタップします。

新規データベース

  1. Oracle サーバーの名前と、ユーザー名およびパスワードを指定します。

    SID が必要な場合は、次の形式でサーバーを指定します。
    "サーバー名"/SID

接続パラメーター

  1. 使用するゲートウェイをクリックまたはタップするか、ゲートウェイをインストールします。

    インストール後にゲートウェイが表示されない場合は、[ゲートウェイ一覧を最新の情報に更新] をクリックします。

新規ゲートウェイ

  1. [作成] をクリックまたはタップして接続を作成します。

新規

  1. [既定] データセットをクリックまたはタップします。

新規

  1. テーブルの一覧で、使用するテーブルをクリックまたはタップします。

新規

  1. [接続] をクリックしてアプリを作成します。

新規

PowerApps により、選択したテーブルのデータが次の 3 つの画面に表示されるアプリが作成されます。 - BrowseScreen1 には、テーブルに含まれるすべてのエントリが一覧表示されます。 - DetailScreen1 には、1 つのエントリに関する詳細が表示されます。 - EditScreen1 では、ユーザーがエントリの更新または作成を行うことができます。

新規

次の手順

  • 生成したアプリを保存するには、Ctrl+S キーを押します。
  • 既定で表示される BrowseScreen1 のカスタマイズ方法については、レイアウトのカスタマイズに関するページを参照してください。
  • DetailsScreen1 または EditScreen1 のカスタマイズ方法については、フォームのカスタマイズに関するページを参照してください。

既知の問題、ヒント、およびトラブルシューティング

  1. ゲートウェイに到達できません。

    このエラーは、オンプレミス データ ゲートウェイがクラウドへ接続できない場合に表示されます。 ゲートウェイの状態を確認するには、powerapps.microsoft.com にサインインして [ゲートウェイ] をクリックまたはタップし、使用するゲートウェイをクリックまたはタップします。

    ゲートウェイが実行中でありインターネットに接続可能であることを確認してください。 電源がオフになっているかスリープ状態のコンピューターには、ゲートウェイをインストールしないでください。 また、オンプレミス データ ゲートウェイ サービス (PBIEgwService) を再起動してみてください。

  2. System.Data.OracleClient には Oracle クライアント ソフトウェア version 8.1.7 以降が必要です。

    このエラーは、オンプレミス データ ゲートウェイと同じコンピューターに Oracle クライアント SDK がインストールされていない場合に表示されます。 この問題を解決するには、正式なプロバイダーをインストールしてください

  3. テーブル '[Tablename]' には、キー列が定義されていません。

    このエラーは、Oracle データベースへの接続に必要な主キーが設定されていないテーブルへ接続しようとすると表示されます。

  4. 執筆時点では、ストアド プロシージャ、複合キーの設定されたテーブル、テーブル内で入れ子になったオブジェクト型はサポートされていません。