オーディオ ファイル、ビデオ ファイル、または YouTube のビデオを再生するコントロールです。

説明

オーディオ コントロールは、ファイルのサウンド クリップ、マイク コントロールからの録音、またはビデオ ファイルのオーディオ トラックを再生します。 ビデオ コントロールは、ファイルのビデオ クリップまたは URL で指定された YouTube のビデオ クリップを再生します。

主要なプロパティ

Loop – オーディオまたはビデオ クリップを、再生終了と同時に先頭から自動的に再開するかどうかを指定します。

Media - オーディオまたはビデオ コントロールが再生するクリップの ID です。

ShowControls – オーディオ プレイヤーまたはビデオ プレイヤーに再生ボタンと音量スライダーなどを表示するかどうか、およびペン コントロールに描画、削除、クリアなどのアイコンを表示するかどうかを指定します。

その他のプロパティ

AutoPause – ユーザーが別の画面に移動した場合、オーディオまたはビデオ クリップを自動的に一時停止するかどうかを指定します。

AutoStart – ユーザーがオーディオまたはビデオ コントロールを含む画面に移動したときに、自動的にクリップの再生を開始するかどうかを指定します。

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

Disabled – コントロールをユーザーが操作できるかどうかを指定します。

Fill – コントロールの背景色です。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

Image – イメージ、オーディオ、マイクの各コントロールに表示される画像の名前です。

ImagePosition – 画面またはコントロールのサイズが画像と異なる場合の、画面またはコントロール内の画像の位置です (Fill (フィル)、Fit (サイズに合わせる)、Stretch (伸ばす)、Tile (タイル表示)、または Center (中央に表示))。

OnEnd – オーディオまたはビデオ クリップの再生が終了したときの、アプリの応答方法です。

OnPause – オーディオまたはビデオ コントロールが再生しているクリップをユーザーが一時停止したときの、アプリの応答方法です。

OnStart – ユーザーがマイク コントロールで録音を開始したときの、アプリの応答方法です。

Paused – メディア再生コントロールが現在一時停止している場合は true*、それ以外の場合は *false です。

Reset – コントロールを既定値に戻すかどうかを指定します。

Start – オーディオまたはビデオ クリップを再生するかどうかを指定します。

StartTime – クリップの再生が開始するとき、オーディオまたはビデオ クリップの開始後の時刻です。

Time – メディア コントロールの現在位置です。

Tooltip – ポインターをコントロールに合わせたときに表示される説明テキストです。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

関連する関数

First( TableName )

オーディオまたはビデオ ファイルを再生する

  1. [ファイル] メニューの [メディア] をクリックまたはタップし、[ビデオ] または [オーディオ] をクリックまたはタップしてから、[参照] をクリックまたはタップします。

  2. 再生するファイルを探してクリックまたはタップし、[開く] をクリックまたはタップします。

  3. Esc キーを押して既定のワークスペースに戻り、オーディオまたはビデオ コントロールを追加して、Media プロパティを追加したファイルに設定します。

    コントロールの追加および構成方法については関連記事を参照してください。

  4. F5 キーを押し、追加したコントロールの再生ボタンをクリックまたはタップして、クリップを再生します。

    ヒント: ビデオ コントロールの再生ボタンは、コントロールをポイントすると表示されます。

  5. Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

YouTube のビデオを再生する

  1. ビデオ コントロールを追加し、Media プロパティに、YouTube のビデオの URL を二重引用符で囲んで設定します。

  2. F5 キーを押し、ビデオ コントロールの再生ボタンをクリックまたはタップして、クリップを再生します。

  3. Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。