X 軸と Y 軸からなるグラフとしてデータを表示するコントロールです。

説明

既定では、縦棒グラフ コントロールまたは折れ線グラフ コントロールは、グループ化された複数のコントロールで構成されます。 これらのコントロールには、タイトル、データ、凡例が表示されます。

主要なプロパティ

Items – ギャラリー、リスト、グラフなどのコントロールに表示されるデータのソースです。

NumberOfSeries – 縦棒グラフまたは折れ線グラフに反映されるデータ列の数です。

すべてのプロパティ

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

Color – コントロールのテキストの色です。

DisplayMode – コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を設定します。

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの境界線の色です。

Font – テキストを表記するフォントのファミリー名です。

GridStyle – 縦棒グラフまたは折れ線グラフで、X 軸と Y 軸のどちらか一方または両方を表示するか、または両方とも表示しないかを指定します。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

HoverBorderColor – コントロール上にユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色です。

ItemColorSet – グラフ内の各データ ポイントの色です。

ItemsGap – 縦棒グラフの縦棒間の距離です。

  • ItemsGap プロパティは、縦棒グラフ コントロールでは使用できますが、折れ線グラフ コントロールでは使用できません。

Markers – 縦棒グラフまたは折れ線グラフで各データ ポイントの値を表示するかどうかを指定します。

MarkerSuffixMarkers プロパティが true に設定されている縦棒グラフで、各値の後に表示するテキストです。

  • MarkerSuffix プロパティは、縦棒グラフ コントロールでは使用できますが、折れ線グラフ コントロールでは使用できません。

MinimumBarWidth – 縦棒グラフの縦棒の表示に可能な最も狭い幅です。

  • MinimumBarWidth プロパティは、縦棒グラフ コントロールでは使用できますが、折れ線グラフ コントロールでは使用できません。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

PaddingBottom – コントロール内のテキストとそのコントロールの下端間の距離です。

PaddingLeft – コントロール内のテキストとそのコントロールの左端間の距離です。

PaddingRight – コントロール内のテキストとそのコントロールの右端間の距離です。

PaddingTop – コントロール内のテキストとそのコントロールの上端間の距離です。

PressedBorderColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色です。

SeriesAxisMax – 縦棒グラフまたは折れ線グラフの Y 軸の最大値です。

  • SeriesAxisMax プロパティは、縦棒グラフ コントロールでは使用できますが、折れ線グラフ コントロールでは使用できません。

SeriesAxisMin – 縦棒グラフの Y 軸の最小値を決める値です。

  • SeriesAxisMin プロパティは、縦棒グラフ コントロールでは使用できますが、折れ線グラフ コントロールでは使用できません。

Size – コントロールに表示されるテキストのフォント サイズです。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

XLabelAngle – 縦棒グラフまたは折れ線グラフの X 軸の下に表示されるラベルの角度です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

YAxisMax – 折れ線グラフの Y 軸の最大値です。

  • YAxisMax プロパティは、縦棒グラフ コントロールでは使用できますが、折れ線グラフ コントロールでは使用できません。

YAxisMin – 折れ線グラフの Y 軸の最小値です。

  • YAxisMin プロパティは、縦棒グラフ コントロールでは使用できますが、折れ線グラフ コントロールでは使用できません。

YLabelAngle – 折れ線グラフまたは縦棒グラフの Y 軸の横に表示されるラベルの角度です。

関連する関数

Max( DataSource, ColumnName )

  1. [ボタン] コントロールを追加し、OnSelect プロパティに次の式を設定します。
    Collect(Revenue, {Year:"2013", Europa:24000, Ganymede:22300, Callisto:21200}, {Year:"2014", Europa:26500, Ganymede:25700, Callisto:24700},{Year:"2014", Europa:27900, Ganymede:28300, Callisto:25600})

    コントロールの追加および構成についてはこちらをご覧ください。

    Collect 関数またはその他の関数については各関連記事を参照してください。

  2. F5 キーを押して、ボタン コントロールをクリックまたはタップしてから、Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

  3. 縦棒グラフ コントロールまたは折れ線グラフ コントロールを追加し、Items プロパティを Revenue に、NumberOfSeries プロパティを 3 に設定します。

    コントロールに、過去 3 年間の各製品の売上データが表示されます。