ユーザーが、提供された選択肢から選択できるようにするコントロール。 検索と複数選択をサポートしています。

説明

コンボ ボックスコントロールで、選択する項目を検索することができます。 検索は、SearchField プロパティについてサーバー側で実行されるので、パフォーマンスが非常に大規模なデータ ソースによって影響を受けることはありません。

単一選択モードまたは複数選択モードは SelectMultiple プロパティを介して構成されます。

選択する項目を検索するとき、データ ペインで、レイアウトの設定を変更することにより、項目ごとに、1 つのデータ値、2 つの値、または画像および 2 つの値 (Person) の表示を選択できます。

主要なプロパティ

項目 – 選択を行う元となるデータのソース。

DefaultItems – ユーザーがコントロールを操作する前に、最初に選択されている項目。

SelectedItems – ユーザーの操作の結果として得られる、選択されている項目の一覧。

SelectMultiple – ユーザーが、単一の項目を選択するか、複数の項目を選択するか。

IsSearchable – 選択する前にユーザーが項目を検索できるかどうか。

その他のプロパティ

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

Default – 単一選択モードでユーザーが変更する前に、最初に選択されているもの。

DisplayFields – 検索によって返される各項目に対して表示されるフィールドの一覧。 プロパティの [オプション] タブで、データ ペインを使用して構成するのが最も簡単です。

DisplayMode – コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を設定します。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

InputTextPlaceholder – 項目が選択されていない場合、エンドユーザーに表示される指示テキスト。

OnChange – ユーザーが選択を変更したときのアプリの応答の仕方。

OnNavigate – ユーザーが項目をクリックしたときのアプリの応答の仕方。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

  1. [コントロール] メニューの [挿入] タブから [コンボ ボックス] コントロールを追加します。
  2. プロパティの [オプション] タブで、[データ] をクリックします。
  3. データ ソース、レイアウトと以下の関連するプロパティを選択します。
  4. [詳細設定] タブで SelectMultiple プロパティを設定します。

    機能コンボ ボックスがアプリに表示されます。

    コントロールの追加および構成についてはこちらをご覧ください。