クリックまたはタップして日付を指定できるコントロールです。

説明

テキスト入力コントロールの代わりに日付の選択コントロールを追加すると、ユーザーが適切な形式で日付を指定しやすくなります。

主要なプロパティ

DefaultDate – 日付コントロールの初期値 (ユーザーが変更していない場合) です。

SelectedDate – 日付コントロールで現在選択されている日付です。

Format – コントロールで日付を表示するときのテキスト形式です。日付はユーザーが指定します。 このプロパティを ShortDate (既定) または LongDate に設定すると、このコントロールの Language プロパティに基づいて日付の形式を指定できます。 また、言語に関係なく同じ形式を使用する場合は、このプロパティを yyyy/mm/dd などの式に設定できます。 例:

  • ユーザーが 2017 年の最終日をクリックまたはタップし、Format プロパティが ShortDate に、Language プロパティが en-us に設定されている場合、コントロールは 12/31/2017 を表示します。
  • ユーザーが 2017 年の最終日をクリックまたはタップし、Format プロパティが LongDate に、Language プロパティが fr-fr に設定されている場合、コントロールは dimanche 31 decembre 2017 を表示します。

Language – 日付の形式を設定するために使用される言語を指定します。 このプロパティが指定されていない場合、ユーザーのデバイス設定によって言語が決定します。

その他のプロパティ

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

FocusedBorderThickness – キーボードでフォーカスした場合のコントロールの境界線の太さです。

Color – コントロールのテキストの色です。

DisplayMode – コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を設定します。

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの境界線の色です。

DisabledColor – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロール内のテキストの色です。

DisabledFill – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの背景色です。

EndYear – 日付の選択コントロールでユーザーが設定可能な最後の年です。

Fill – コントロールの背景色です。

Font – テキストを表記するフォントのファミリー名です。

FontWeight – コントロール内のテキストの太さです。Bold (太字)、Semibold (中太)、Normal (標準)、Lighter (細字) から指定します。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

Italic – コントロール内のテキストを斜体にするかどうかを指定します。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

PaddingBottom – コントロール内のテキストとそのコントロールの下端間の距離です。

PaddingLeft – コントロール内のテキストとそのコントロールの左端間の距離です。

PaddingRight – コントロール内のテキストとそのコントロールの右端間の距離です。

PaddingTop – コントロール内のテキストとそのコントロールの上端間の距離です。

Size – コントロールに表示されるテキストのフォント サイズです。

StartYear – 日付の選択コントロールでユーザーが設定可能な最初の年です。

TabIndex – ゼロ以外の値に設定すると、実行時のコントロールのタブの順序をカスタマイズできます。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

関連する関数

Year( DateTimeValue )

  1. 日付の選択コントロールを追加して、Deadline という名前を付けます。

    コントロールの追加、命名、構成についてはこちらをご覧ください

  2. ラベル コントロールを追加し、その Text プロパティを次の数式に設定します。
    DateDiff(Today(), Deadline.SelectedDate) & " days to go!"

    DateDiff 関数やその他の関数の詳細については各関連記事をご覧ください。

  3. F5 キーを押して Deadline の日付を選択し、[OK] をクリックまたはタップします。

    ラベル コントロールに、当日から選択した日付までの日数が表示されます。

  4. 既定のワークスペースに戻るには、Esc キーを押します。