テキストを表示し、書式設定のための HTML タグを変換するボックスです。

説明

HTML テキスト コントロールは、プレーンテキストや数値を表示するだけでなく、HTML タグ (改行なしスペースなど) の変換も行います。

主要なプロパティ

Color – コントロールのテキストの色です。

Font – テキストを表記するフォントのファミリー名です。

HTMLText – HTML テキスト コントロールに表示される、HTML タグを含む可能性のあるテキストです。

その他のプロパティ

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

Disabled – コントロールをユーザーが操作できるかどうかを指定します。

DisabledBorderColor – コントロールの Disabled プロパティが true に設定されている場合のコントロールの境界線の色です。

DisabledFill – コントロールの Disabled プロパティが true に設定されている場合のコントロールの背景色です。

Fill – コントロールの背景色です。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

HoverBorderColor – コントロール上にユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色です。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

PaddingBottom – コントロール内のテキストとそのコントロールの下端間の距離です。

PaddingLeft – コントロール内のテキストとそのコントロールの左端間の距離です。

PaddingRight – コントロール内のテキストとそのコントロールの右端間の距離です。

PaddingTop – コントロール内のテキストとそのコントロールの上端間の距離です。

Size – コントロールに表示されるテキストのフォント サイズです。

Tooltip – ポインターをコントロールに合わせたときに表示される説明テキストです。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

関連する関数

Find( FindString, WithinString )

  1. ラベル コントロールを追加して Source という名前を付け、その Text プロパティを次の文字列に設定します。

<p> 私たちは、非常に &nbsp; &quot; 深い &quot; グローバリゼーションおよびローカライズを行いました。 <p>

コントロールの追加、命名、構成についてはこちらをご覧ください

  1. HTML テキスト コントロールを追加し、その HTMLText プロパティを次の値に設定します。
    Source.Text

    HTML テキスト コントロールはラベル コントロールと同じテキストを表示しますが、タグを適切な文字に変換します。