ローカル ファイルやデータ ソースの画像を表示するコントロールです。

説明

アプリにイメージ コントロールを 1 つまたは複数追加すると、データ セットに含まれていない個々の画像を表示したり、データ ソースのレコードの画像を組み合わせたりすることができます。

主要なプロパティ

Image – イメージ、オーディオ、マイクの各コントロールに表示される画像の名前です。

その他のプロパティ

AutoDisableOnSelect – OnSelect の動作の実行時にコントロールを自動で無効化するかどうかを指定します。

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

FocusedBorderThickness – キーボードでフォーカスした場合のコントロールの境界線の太さです。

CalculateOriginalDimensionsOriginalHeight プロパティと OriginalWidth プロパティを有効にします。

DisplayMode – コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を設定します。

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの境界線の色です。

DisabledFill – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの背景色です。

Fill – コントロールの背景色です。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

HoverBorderColor – コントロール上にユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色です。

HoverFill – コントロールにユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの背景色です。

ImagePosition – 画面またはコントロールのサイズが画像と異なる場合の、画面またはコントロール内の画像の位置です (Fill (フィル)、Fit (サイズに合わせる)、Stretch (伸ばす)、Tile (タイル表示)、または Center (中央に表示))。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

OriginalHeight – 画像の元の高さです。CalculateOriginalDimensions プロパティで有効にします。

OriginalWidth – 画像の元の幅です。CalculateOriginalDimensions プロパティで有効にします。

PaddingBottom – コントロール内のテキストとそのコントロールの下端間の距離です。

PaddingLeft – コントロール内のテキストとそのコントロールの左端間の距離です。

PaddingRight – コントロール内のテキストとそのコントロールの右端間の距離です。

PaddingTop – コントロール内のテキストとそのコントロールの上端間の距離です。

PressedBorderColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色です。

PressedFill – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの背景色です。

RadiusBottomLeft – コントロールの左下隅を丸める度合いです。

RadiusBottomRight – コントロールの右下隅を丸める度合いです。

RadiusTopLeft – コントロールの左上隅を丸める度合いです。

RadiusTopRight – コントロールの右上隅を丸める度合いです。

Tooltip – ポインターをコントロールに合わせたときに表示される説明テキストです。

Transparency – 画像の背後にあるコントロールを表示する度合いです。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

関連する関数

Remove( DataSource, ThisItem )

ローカル ファイルの画像の表示

  1. [コンテンツ] タブの [メディア] をクリックまたはタップして、[参照] をクリックまたはタップします。

  2. 追加する画像ファイルをクリックまたはタップし、[開く] をクリックまたはタップしてから Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

  3. イメージ コントロールを追加し、Items プロパティを追加したファイルの名前に設定します。

    コントロールの追加および構成方法については関連記事を参照してください。

    指定した画像がイメージ コントロールに表示されます。

データ ソースの画像セットの表示

  1. こちらの Excel ファイルをダウンロードして、ローカル デバイスに保存します。

  2. PowerApps Studio で、アプリを作成するか開き、右のウィンドウで [データ ソースの追加] をクリックまたはタップします。

    右のウィンドウに [データ ソースの追加] が表示されない場合、左のナビゲーション バーの画面をどれかクリックまたはタップします。

  3. [静的データをアプリに追加します] をクリックまたはタップして、ダウンロードした Excel ファイルをクリックまたはタップし、[開く] をクリックまたはタップします。

  4. [Flooring Estimates] (フローリングの見積り) チェック ボックスをオンにして、[接続] をクリックまたはタップします。

  5. ギャラリー コントロールと画像を追加し、Items プロパティを FlooringEstimates に設定します。

    コントロールの追加および構成方法については関連記事を参照してください。

    ギャラリー コントロールに、ダウンロードした Excel ファイルに含まれるリンクに基づくカーペット製品、硬木の製品、およびタイル製品の画像が表示されます。