互いに比較した相対値を表示するコントロールです。

説明

左端の列にラベルを、左から 2 番目の列に値を含むテーブルの相対的なデータを表示する場合は、円グラフ コントロールを追加します。

主要なプロパティ

Items – ギャラリー、リスト、グラフなどのコントロールに表示されるデータのソースです。

ShowLabels – 円グラフに、各ウェッジに関連付けられた値を表示するかどうかを指定します。

その他のプロパティ

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

Color – コントロールのテキストの色です。

DisplayMode – コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を設定します。

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの境界線の色です。

Explode – 円グラフ内のウェッジ間の距離です。

Font – テキストを表記するフォントのファミリー名です。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

HoverBorderColor – コントロール上にユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色です。

ItemBorderColor – 円グラフ内の各ウェッジの周りの境界線の色です。

ItemBorderThickness – 円グラフ内の各ウェッジの周りの境界線の太さです。

ItemColorSet – グラフ内の各データ ポイントの色です。

LabelPosition – ウェッジを基準とした、円グラフ内のラベルの場所です。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

PressedBorderColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色です。

Size – コントロールに表示されるテキストのフォント サイズです。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

関連する関数

Max( DataSource, ColumnName )

  1. [ボタン] コントロールを追加し、OnSelect プロパティに次の式を設定します。
    Collect(Revenue2015, {Product:"Europa", Revenue:27000}, {Product:"Ganymede", Revenue:26300}, {Product:"Callisto", Revenue:29200})

    コントロールの追加および構成についてはこちらをご覧ください。

    Collect 関数またはその他の関数については各関連記事を参照してください。

  2. F5 キーを押して、ボタン コントロールをクリックまたはタップしてから、Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。

  3. 円グラフ コントロールを追加し、その Items プロパティを Revenue2015 に設定します。

    円グラフ コントロールには、他の製品に関連した製品ごとの収益データが表示されます。