見た目と動作のプロパティが構成できるグラフィックスです。

説明

これらのコントロールには、矢印、幾何学的図形、アクション アイコン、記号などがあり、塗りつぶし、サイズ、位置などのプロパティを構成できます。 また、OnSelect プロパティを構成すると、ユーザーがコントロールをクリックまたはタップした場合にアプリが反応するようにできます。

主要なプロパティ

Fill – コントロールの背景色です。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

その他のプロパティ

Disabled – コントロールをユーザーが操作できるかどうかを指定します。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

HoverFill – コントロールにユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの背景色です。

PressedBorderColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色です。

FocusedBorderThickness – キーボードでフォーカスした場合のコントロールの境界線の太さです。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

関連する関数

Navigate( ScreenName, ScreenTransition )

  1. 既定のスクリーン コントロールに Target という名前を付け、ラベル コントロールを追加して Target を表示するように Text プロパティを設定します。

    コントロールの追加および構成方法については関連記事を参照してください。

  2. スクリーン コントロールを追加し、Source という名前を付けます。

  3. Sourceシェイプ コントロールを追加し、OnSelect プロパティに次の式を設定します。
    Navigate(Target, ScreenTransition.Fade)

  4. F5 キーを押してから、シェイプ コントロールをクリックまたはタップします。

    Target 画面が表示されます。

  5. (省略可能) Esc キーを押して既定のワークスペースに戻り、Targetシェイプ コントロールを追加して、シェイプ コントロールの OnSelect プロパティに次の式を設定します。
    Navigate(Source, ScreenTransition.Fade)