ユーザーがハンドルを動かすことでオンまたはオフにできるコントロールです。

説明

トグルは最近の GUI 向けのデザインですが、動作はチェック ボックスと同じです。

主要なプロパティ

Default – ユーザーが変更する前のコントロールの初期値です。

Value – 入力コントロールの値です。

その他のプロパティ

BorderColor – コントロールの境界線の色です。

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。

FocusedBorderThickness – キーボードでフォーカスした場合のコントロールの境界線の太さです。

Disabled – コントロールをユーザーが操作できるかどうかを指定します。

DisabledBorderColor – コントロールの Disabled プロパティが true に設定されている場合のコントロールの境界線の色です。

Fill – コントロールの背景色です。

Height – コントロールの上端と下端の距離です。

HoverBorderColor – コントロール上にユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色です。

OnChange – ユーザーが (スライダーを調整するなどして) コントロールの値を変更した場合のアプリの反応を指定します。

OnCheck – チェック ボックスまたはトグルの値が true に変わったときの、アプリの反応を指定します。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。

OnUncheck – チェック ボックスまたはトグルの値が false に変わったときの、アプリの反応を指定します。

PressedBorderColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色です。

RailFill – 値が false の場合の、トグル コントロール内の四角形の背景色、またはスライダー コントロールのハンドルの右側の線の色です。

RailHoverFill – 値が false の場合に、トグル コントロールまたはスライダーをポイントしたときの、トグル コントロール内の四角形の背景色、またはスライダー コントロールのハンドルの右側の線の色です。

Reset – コントロールを既定値に戻すかどうかを指定します。

TabIndex – ゼロ以外の値に設定すると、実行時のコントロールのタブの順序をカスタマイズできます。

Tooltip – ユーザーがポインターをコントロールに合わせたときに表示される説明テキストです。

ValueFill – 値が true の場合の、トグル コントロール内の四角形の背景色、またはスライダー コントロールのハンドルの左側の線の色です。

ValueHoverFill – 値が true の場合に、トグル コントロールまたはスライダーをポイントしたときの、トグル コントロール内の四角形の背景色、またはスライダー コントロールのハンドルの左側の線の色です。

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。

関連する関数

If( Condition, Result )

  1. トグルを追加し、名前を MemberDiscount にします。

    コントロールの追加、命名、構成についてはこちらをご覧ください

  2. ラベルを追加し、その Text プロパティを次の数式に設定します。
    If(MemberDiscount.Value = true, "Price: $75", "Price: $100")

    If 関数またはその他の関数の詳細については各関連記事を参照してください。

  3. F5 キーを押し、MemberDiscount の値を変更します。

    MemberDiscount がオンかオフかに応じて、ラベルに異なる価格が表示されます。

  4. 既定のワークスペースに戻るには、Esc キーを押します。