ユーザーにとって見やすく更新しやすいコントロールに、最も重要なデータを、直感的に伝わりやすい順序で表示するように、表示フォーム コントロールと編集フォーム コントロールをカスタマイズします。

それぞれのフォームは、少なくとも 1 つのカードで構成され、データ ソースから取得された特定の列のデータが個々のカードに表示されます。 このトピックの手順に従うことで、フォームに表示するカードを指定したり、フォーム内でカードの位置を上げ下げしたり、それぞれの列から取得したデータをカード内に表示するときの体裁を設定したりすることができます。

PowerApps の基本的な事柄については、「PowerApps の概要」を参照してください。

前提条件

このチュートリアルは、概念全般を理解する目的でのみご覧いただいても、目的を果たすために各手順を忠実に実行していただいてもかまいません。

  1. PowerApps から SharePoint への接続を作成します。
  2. SharePoint リストを作成します (レイアウトのカスタマイズについてのページを参照)。
  3. そのリストに基づいてアプリを自動的に生成します。

カードの表示と非表示

  1. 左側のナビゲーション バーで中央のサムネイルをクリックまたはタップし、DetailsScreen1 を選択します。

    詳細画面を選択

  2. いずれかのカードをクリックまたはタップして選択し、フォームのカスタマイズ オプションを右側のペインに表示します。

    カードを選択

  3. 右側のウィンドウで、AccountID カードについては、目のアイコンをクリックまたはタップして非表示状態に、ID 列については、目のアイコンをクリックまたはタップして表示状態にします。

    カードを表示

カードの並べ替え

  • Title カードをクリックまたはタップして選択し、そのタイトル バーを、OrderDate カードが強調表示されるまで上へドラッグします。

    カードの移動

    マウス ボタンから手を離すと、移動中のカードは、強調表示されているカードのすぐ上に表示されます。

    並べ替え後のカード

アプリの実行

  1. 左側のナビゲーション バーで一番上のサムネイルをクリックまたはタップし、BrowseScreen1 を選択します。

    BrowseScreen1 のサムネイル

  2. F5 キーを押して (または右上隅のプレビュー アイコンをクリックして) プレビュー モードを開きます。

    プレビュー アイコン

  3. 右上隅のプラス アイコンをクリックまたはタップして、EditScreen1 でレコードを追加します。

    レコードを追加

  4. 必要なデータを追加し、右上隅のチェックマーク アイコンをクリックまたはタップして、新しいレコードを SharePoint リストに保存し、BrowseScreen1 に戻ります。

    レコードの保存

  5. 今作成した項目の矢印をクリックまたはタップして、その詳細を DetailScreen1 に表示します。

    右矢印

  6. 右上隅の編集アイコンをクリックまたはタップして、EditScreen1 でレコードを更新します。

    レコードを編集

  7. 少なくとも 1 つのフィールドの情報を変更し、右上隅のチェック マークをクリックまたはタップして SharePoint リストに変更内容を保存し、DetailScreen1 に戻ります。

    変更を保存

  8. 右上隅にあるごみ箱アイコンをクリックまたはタップして、先ほど更新したレコードを削除し、BrowseScreen1 に戻ります。

    レコードを削除

  9. Esc キーを押して (または、PowerApps のタイトル バーの "" の左上隅にある閉じるアイコンをクリックまたはタップして)、プレビュー モードを終了します。

    プレビュー モードの終了

次の手順

  • 他のデバイスから実行できるように、Ctrl + S キーを押してアプリを保存する。
  • 他のユーザーが実行できるようにアプリを共有する。