Power Query の統合を使用すると、ビジネス アプリ開発者は Common Data Service (CDS) で幅広いデータソースから新しいエンティティを作成できます。

ユーザーは Common Data Service を使用すると、一連の標準エンティティとカスタム エンティティ内にデータを安全に格納して、管理できます。 *エンティティ*は、データベース内のテーブルと同様に、データを格納するために使用される一連のフィールドです。 Common Data Service にデータが格納されたら、Microsoft PowerApps で、格納されたデータを使用するさまざまなアプリケーションを構築できます。

Power Query の統合を使用すると、PowerApps を使用するビジネス アプリ開発者は、Common Data Service にリレーショナル データベース ( SQL Server、IBM DB2 など)、Excel、Access、テキスト ファイルに加えて、Salesforce、Azure SQL Database およびデータ ウェアハウス、Web API、OData フィード、その他のソースのオンライン サービスのようなオンプレミス データ ソースなどの外部データ ソースのデータに基づき、新しいエンティティを作成できます。 Power Query を使用すると、さまざまなデータ ソースに接続できる上に、Common Data Service にデータを読み込む前にフィルター処理、変換、データの結合もできます。

データからの新しいエンティティ

Power Query の機能を使用して CDS の新しいエンティティを有効にする

この機能は PowerApps テナントで利用できますが、既定ではオンになっていません。 web.powerapps.com で有効にすることができます。

注: 自分で作成したデータベースでのみ、新しいカスタム エンティティを作成できます。

この機能を有効にするには、PowerApps ポータルで次の手順を実行します。

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[Common Data Service] > [エンティティ] タブを参照します。
  2. エンティティ一覧から、[新しいエンティティ] のドロップダウンを選択します。
  3. ドロップダウン メニューに表示される一覧から、次の図のように [データからの新しいエンティティ (Technical Preview)] を選択します。

    データからの新しいエンティティ

  4. メニューで [データからの新しいエンティティ (Technical Preview)] を選択すると、次の図のように、ダイアログとともにこの Technical Preview で使用可能なコネクタの一覧が表示されます。

    使用可能なコネクタ

  5. 使用するコネクタを選択したら、次の手順に進み、データ ソース接続の詳細と資格情報を指定したり、インポートするテーブルを選択したりします。 クエリ エディターにもアクセスできるようになるため ([ナビゲーター] ビューの [編集] ボタンを使用します)、CDS にデータをインポートする前に、フィルター処理やデータ変換の手順を適用できます。

読み込みの設定とその他の動作を調整する

前のセクションの手順が完了し、Power Query を使用して新しいエンティティを CDS に作成するためのデータ ソースの準備が整ったら、更新動作などのその他の読み込みの設定、表示名や主キーなどのエンティティ特有の設定を調整できます。

上記の手順を完了して [読み込み] を選択すると、CDS に新しいカスタム エンティティが作成されます。 特定のエンティティの[エンティティ] メニューにアクセスして、初期読み込みの後にクエリを編集することもできます。

これはとても心躍る機能です。お客様のご意見をお待ちしております。 この機能に関する提案およびフィードバックをお寄せください