Microsoft パートナーまたは独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) は、顧客のデータとビジネス プロセスと統合するように自社製品を拡張することによって、顧客による製品の採用を加速化できます。 PowerApps で作成したアプリを通して、Common Data Service に格納されているデータを操作できます。顧客が製品に接続するコネクタを作成することもできます。 PowerApps を使用してアプリを開発し、新しい顧客が試用できるように AppSource に公開することで、ビジネスの新しいビジネス チャンスを生み出すことができます。

Common Data Service SDK を使用して Common Data Model でアプリを開発する

カスタム アプリを開発するか、顧客のデータの Common Data Service への接続によるデータ統合の深化によって製品を強化します。 詳細情報

API コネクタを作成する

PowerApps とサービスとの通信を可能にするコネクタを作成することで、製品を Microsoft クラウドで利用できるようにします。 詳細情報

ソリューションを AppSource に公開する

PowerApps を使用してアプリを開発し、新しい顧客が試用できるように AppSource に公開することで、ビジネスの新しいビジネス チャンスを生み出すことができます。 詳細情報

今すぐ無料で開始する

PowerApps Community Plan に無料でサインアップし、専用の個別の環境でアプリの開発を開始してください。 詳細情報