現在の日付と時刻を返し、日付/時刻値が今日のものかどうかをテストします。

説明

Now 関数は、現在の日付と時刻を日付/時刻値として返します。

Today 関数は、現在の日付を日付/時刻値として返します。 時刻部分は、午前 0 時です。 Today は、1 日 (今日の午前 0 時から翌日の午前 0 時まで) を通して同じ値を保持します。

IsToday 関数は、日付/時刻値が今日の午前 0 時から翌日の午前 0 時の間の値になっているかどうかをテストします。 この関数は、true または false のブール値を返します。

これらの関数はすべて、現在のユーザーのローカル時刻を使用します。

詳細については、日付と時刻の操作に関するページを参照してください。

構文

Now()

Today()

IsToday( DateTime )

  • DateTime - 必須。 テストする日付/時刻値。

このセクションの例では、現在の時刻が 2015 年 2 月 12 日午前 3 時 59 分、言語が en-us です。

数式 説明 結果
Text( Now(), "mm/dd/yyyy hh:mm:ss" ) 現在の日付と時刻を取得し、文字列として表示します。 "02/12/2015 03:59:00"
Text( Today(), "mm/dd/yyyy hh:mm:ss" ) 現在の日付のみを取得し、時刻は午前 0 時としたまま、これを文字列として表示します。 "02/12/2015 00:00:00"
IsToday( Now() ) 現在の日付と時刻が、今日の午前 0 時から翌日の午前 0 時の間であるかどうかをテストします。 true
IsToday( Today() ) 現在の日付が、今日の午前 0 時から翌日の午前 0 時の間であるかどうかをテストします。 true
Text( DateAdd( Now(), 12 ), "mm/dd/yyyy hh:mm:ss" ) 現在の日付と時刻を取得し、その結果に 12 日を加算して、文字列として表示します。 "02/24/2015 03:59:00"
Text( DateAdd( Today(), 12 ), "mm/dd/yyyy hh:mm:ss" ) 現在の日付を取得し、その結果に 12 日を加算して、文字列として表示します。 "02/24/2015 00:00:00"
IsToday( DateAdd( Now(), 12 ) ) 現在の日付と時刻に 12 日を加算した日時が今日の午前 0 時から翌日の午前 0 時の間であるかどうかをテストします。 false
IsToday( DateAdd( Today(), 12 ) ) 現在の日付に 12 日を加算した日付が今日の午前 0 時から翌日の午前 0 時の間であるかどうかをテストします。 false