データ ソースレコードを更新します。

説明

Refresh 関数は、データ ソースの新しいコピーを取得します。 他のユーザーが加えた変更が表示されます。

Refresh には戻り値が存在せず、動作の数式内でのみ使用できます。

構文

Refresh( DataSource )

  • DataSource – 必須。 更新するデータ ソース。

この例では、IceCream という名前のデータ ソースを更新します。このデータ ソースは次のデータから始まります。

別のデバイスのユーザーが、Strawberry レコードの Quantity400 に変更します。 この数式が実行されるまで、この変更は表示されません。

Refresh( IceCream )

その数式が実行された後、IceCream データ ソースにバインドされたギャラリーに、Strawberry の更新後の値が表示されます。