テキストの文字列から余分なスペースを削除します。

説明

Trim 関数は、単語間の 1 つのスペースを除く、すべてのスペースをテキストの文字列から削除します。

TrimEnds 関数は、テキストの文字列の先頭と末尾からすべてのスペースを削除しますが、単語間のスペースはそのまま残します。

1 つのテキスト文字列を指定した場合、いずれの関数の戻り値も、余分なスペースが削除された文字列になります。 文字列を含む単一列テーブルを指定した場合、戻り値は、トリミングされた文字列の単一列テーブルになります。 複数列テーブルがある場合は、テーブルの使用に関するページの説明に従って、そのテーブルを単一列テーブルにすることができます。

単語間のスペースを削除することにより、Trim は、Microsoft Excel にある同じ名前の関数と変わらなくなります。 一方、TrimEnds は、各文字列の先頭と末尾からのみスペースを削除するプログラミング ツールと一致します。

構文

Trim( String )
TrimEnds( String )

  • String - 必須。 スペースを削除するテキスト文字列。

Trim( SingleColumnTable )
TrimEnds( SingleColumnTable )

  • SingleColumnTable - 必須。 スペースを削除する文字列の単一列テーブル。

数式 説明 結果
Trim( "   Hello     World   " ) 文字列の先頭と末尾にあるすべてのスペースと文字列内の余分なスペースを削除します。 "Hello World"
TrimEnds( "   Hello     World   " ) 文字列の先頭と末尾からすべてのスペースを削除します。 "Hello     World"

次の例では、次の文字列を含む Spaces という名前の単一列コレクションを使用します。

このコレクションを作成するには、ボタン コントロールの OnSelect プロパティを次の数式に設定し、プレビュー モードを開始して、ボタンをクリックまたはタップします。
ClearCollect( Spaces, [ "   Jane   Doe   ", "    Jack   and   Jill", "Already trimmed", "   Venus,   Earth,   Mars  ", "Oil and Water   " ] )

数式 説明 結果
Trim( Spaces ) Spaces コレクションの各文字列の先頭と末尾にあるすべてのスペースと各文字列内の余分なスペースを削除します。
TrimEnds( Spaces ) Spaces コレクションの各文字列の先頭と末尾からすべてのスペースを削除します。

: [ファイル] メニューの [コレクション] をクリックまたはタップしてコレクションを表示した場合、余分なスペースは表示されません。 文字列の長さを確認するには、Len 関数を使用してください。