Validate 関数は、特定のデータ ソースについて、単一のまたはレコード全体の値が有効であるかどうかを確認するものです。

説明

ユーザーがデータの変更を送信する前に、送信内容の有効性についてその場でフィードバックを返し、ユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。

データ ソースでは、レコード内で値が有効になるための要素に関する情報を指定できます。 この情報として指定できる制約には、次に挙げたものをはじめ、さまざまなものがあります。 - 列に値が必要かどうか - テキストの文字列の長さ - 数値の範囲 - 日付の範囲

Validate 関数は、この情報に基づいて値が有効であるかどうかを判定し、有効でなかった場合にはその内容に合わせたエラー メッセージを返します。 DataSourceInfo 関数でも、Validate が使用する情報を表示できます。

有効性に関して提供される情報の量は、データ ソースによって異なります。まったく情報を提供しないデータ ソースもあります。 Validate では、この情報に基づいて値を検証するのみにとどまります。 Validate で問題が発見されなかった場合でも、データの変更の適用に失敗する可能性は依然として残っています。 変更の失敗に関する情報を取得するには、Errors 関数を使用します。

Validate で問題が見つかった場合には、アプリのユーザーに対して表示させることができるエラー メッセージが返されます。 値がすべて有効な場合には、Validate の戻り値が空白になります。 有効性に関する情報のないコレクションの場合には、値が常に有効になります。

構文

Validate( DataSource, Column, Value )

  • DataSource – 必須。 検証に使用するデータ ソース。

  • Column – 必須。 検証する列。

  • Value – 必須。 検証対象として選択した列の値。

Validate( DataSource, OriginalRecord, Updates )

  • DataSource – 必須。 検証に使用するデータ ソース。

  • OriginalRecord - 必須。 更新内容が検証されるレコード。

  • Updates - 必須。 元のレコードに適用される変更。

ここに挙げた例では、データ ソース ScoresPercentage 列の値が 0 以上 100 以下に収まっている必要があります。 データが有効性の検証に合格すると、関数の戻り値が "空白" になります。 これに対して、検証に合格しなかった場合には、エラー メッセージが返されます。

単一の列の検証

数式 説明 結果
Validate( Scores, Percentage, 10 ) 10 がデータ ソース ScoresPercentage 列の値として有効であるかどうかを確認します。 "空白"
Validate( Scores, Percentage, 120 ) 120 がデータ ソース ScoresPercentage 列の値として有効であるかどうかを確認します。 "Values must be between 0 and 100."

レコード全体の検証

数式 説明 結果
Validate( Scores, EditRecord, Gallery.Updates ) 10 がデータ ソース ScoresPercentage 列の値として有効であるかどうかを確認します。 "空白"
Validate( Scores, EditRecord, Gallery.Updates ) 120 がデータ ソース ScoresPercentage 列の値として有効であるかどうかを確認します。 "Values must be between 0 and 100."