Microsoft Teams チャネルにアプリを追加すると、アプリの共有相手であるすべてのユーザーが、そのチャネル内からアプリを開くことができます。 自分で作成したアプリか、"使用可能" または "編集可能" のアクセス許可を持っているアプリを追加できます。また、ブラウザーまたは Microsoft Teams のデスクトップ アプリから、アプリを追加することも開くこともできます。

アプリを追加する

  1. チームの他のメンバーとアプリを共有します。

  2. Microsoft Teams で、チームとそのチームが使用するチャネルを選択します。

  3. [+] をクリックまたはタップしてタブを追加します。

  4. [Add a tab](タブの追加) ダイアログ ボックスで、[PowerApps] をクリックまたはタップします。

  5. 追加するアプリをクリックまたはタップします。

    : 名前、作成者、または環境によってアプリを検索できます。

  6. [保存] ボタンをクリックまたはタップします。

    アプリがチャネルで使用可能になりました。

アプリを開く

  1. Microsoft Teams で、チームと、アプリを含むチャネルを選択します。

  2. アプリの名前を表すタブをクリックまたはタップします。

    チャネルでアプリが開きます。

既知の問題

Microsoft Teams のデスクトップ アプリでは:

  • アプリは、セキュリティで保護された (https) 接続経由でイメージや .pdf ファイルなどのコンテンツを読み込む必要があります。
  • すべてのセンサー (AccelerationCompassLocation など) がサポートされているとは限りません。
  • サポートされているオーディオ形式は、AAC、H264、OGG Vorbis、および WAV のみです。