Postman は、API 開発をより迅速で簡単にするためのツールです。 このチュートリアルでは、Postman Collection を作成して、PowerApps 内のカスタム コネクタを簡単に作成できるようにする方法について説明します。

前提条件

Postman Collection の作成

Azure Cognitive Services の Text Analytics API 用の Postman Collection を作成しましょう。 この API は、渡されたテキスト内の言語、センチメント、キー フレーズを識別します。

  1. Postman Collection を作成するための最初のステップは、要求を作成することです。 要求を作成する際には、HTTP 動詞、要求 URL、クエリまたはパスのパラメーター、ヘッダー、および本文を設定できます。 詳しくは、Postman のドキュメントで要求の送信に関するトピックを参照してください。 Detect Language API エンドポイントについては、次のように値を設定します。

    Postman の要求

    パラメーターの詳細と使用される値:

    パラメーター
    動詞 POST
    要求 URL https://westus.api.cognitive.microsoft.com/text/analytics/v2.0/languages
    パラメーター numberOfLanguagesToDetect
    認証 “No Auth”
    ヘッダー Ocp-Apim-Subscription-Key =
    Content-Type = application/json
    本文 {
       "documents": [
         {
            "id": "1",
            "text": "Hello World"
         }
      ]
    }
  2. [Send] (送信) をクリックして要求を作成し、応答を取得します。

  3. [Save] (保存) をクリックして、Postman Collection に要求を保存します。

    Postman の応答

  4. [Save Request] (要求の保存) ダイアログ ボックスで、[Request name] (要求名) と [Request description] (要求の説明) を入力します。 これらの値はカスタム コネクタで使用します。

    Postman でのコレクションの保存

    要求に対する応答を保存することもできます。 現在、カスタム コネクタでは要求ごとに 1 つの応答しかサポートされていません。 要求ごとに複数の応答を保存した場合は、最初の 1 つだけが使用されます。

    Postman での応答の保存

  5. その他の要求と応答を作成して保存し、Postman Collection の作成を続行します。

  6. すべての要求と応答について Postman Collection の作成が完了したら、そのコレクションをエクスポートします。

    Postman でのエクスポート

  7. エクスポート形式として、[Collection v1] (コレクション v1) を選択します。

    Postman でのエクスポート

これで、Postman Collection を使用して PowerApps のカスタム コネクタを作成できるようになりました。 詳しくは、「PowerApps でのカスタム コネクタの登録と使用」をご覧ください。