PowerApps でアプリを作成すると、そのアプリをブラウザーで実行できます。これには、Dynamics 365 を開き、ホーム ページでアプリのタイルをクリックするかタップします。

: Microsoft Dynamics 365 に関する全般的な情報を参照するか、Sales などの Dynamics 365 アプリについて質問がある場合はサポートにお問い合わせください。

アプリで使用されているコントロールにブラウザーでサポートされていないものがある場合は、iOS、Android、または Windows 用 PowerApps Mobile をダウンロードし、モバイル デバイス (スマートフォンなど) でそのアプリを使用してください。

ホーム ページでアプリを探す

ホーム ページには、複数の種類のビジネス アプリが表示される場合がありますが、検索ボックスにアプリ名の一部を入力すると特定のアプリを見つけることができます。 また、PowerApps で作成されたアプリのみを表示するように一覧をフィルター処理することもできます。

最近インストールしたアプリは、アプリの一覧にすぐに表示されない場合があります。 すべてのアプリを表示するには [同期] をクリックまたはタップしてください。ただし、この処理には最大 1 分かかる場合があります。

作業ウィンドウからアプリを開く

アプリが見つかったら、より簡単にアクセスできるように、そのアプリを作業ウィンドウにピン留めすることができます。 アプリをピン留めするには、アプリ タイルの省略記号 (...) をクリックまたはタップし、[Pin this app (このアプリをピン留め)] をクリックまたはタップします。

その後、アプリは作業ウィンドウに表示されます。この作業ウィンドウを開くには、左上隅の [Dynamics 365] をクリックまたはタップします。

URL からアプリを開く

アプリの URL は、ブックマークとして保存することも、電子メールでリンクとして送信することもできます。 他のユーザーが PowerApps でアプリを作成し、自分と共有した場合、受信した電子メールに記載されているリンクをクリックまたはタップしてそのアプリを実行できます。 いずれの場合も、Azure Active Directory の資格情報を使用してサインインするように求められることがあります。

データに接続する

アプリがデータ ソースへの接続を必要とする場合、またはデバイスの機能を使用するための同意を必要とする場合、アプリを使用する前に確認が求められます。

接続

通常、このことが求められるのは初回のみです。

アプリを閉じる

アプリを閉じるには、Dynamics 365 ホーム ページからサインアウトするか、別のアプリを開きます。