アプリへの変更を保存すると、自分とアプリを編集するアクセス許可を持つ他のユーザーのみに、自動的にアプリが発行されます。 変更が完了したら、アプリを共有しているすべてのユーザーが利用できるように、明示的に発行します。

アプリを共有する方法については、「PowerApps でのアプリの共有」を参照してください。

アプリへの変更を保存する

PowerApps Studio で、[ファイル] メニュー (左端) で [保存] をクリックまたはタップして、次のいずれかの手順に従います。

  • アプリを以前に保存していない場合は、アプリの名前を指定して、[保存] をクリックまたはタップします。

    新しいアプリを保存する

  • アプリを保存したことがある場合は、[保存] をクリックまたはタップします。

    更新したアプリを保存する

アプリを公開します。

  1. PowerApps Studio で、[ファイル] メニュー (左端) で [保存] をクリックまたはタップして、[このバージョンの発行] をクリックまたはタップします。

    アプリを発行する

  2. [発行] ダイアログ ボックスで、[このバージョンの発行] をタップまたはクリックして、アプリを共有しているすべてのユーザーにアプリを発行します。

発行を確認する

ライブ バージョンを指定する

powerapps.com では、[ファイル] メニュー (左端) の [アプリ] をクリックまたはタップし、アプリの詳細アイコンをクリックまたはタップして、[バージョン] タブをクリックまたはタップします。

ライブ バージョンは、アプリを共有しているすべてのユーザーに発行されます。 アプリの最新バージョンは、編集のアクセス許可を持つユーザーのみが入手できます。

ポータルから発行する

最新バージョンを発行するには、[このバージョンの発行] をクリックまたはタップして、[発行] ダイアログ ボックスの [このバージョンの発行] をクリックまたはタップします。

次の手順