注: この記事は、SharePoint Online で PowerApps、Microsoft Flow、Power BI を使用するチュートリアル シリーズの一部です。 シリーズ全般に関することや、関連するファイルのダウンロードの詳細については、シリーズの概要に関する記事をご覧ください。

このシナリオの最後のタスクでは、2 つのリストをホストしているのと同じ SharePoint Online サイトに、Power BI のレポートを埋め込みます。 Power BI は、さまざまな埋め込み方法をサポートしています。また、Power BI には先般、Web およびモバイルのビューに対応した SharePoint ページへの統合機能が直接追加されました。

このような埋め込み機能により、Power BI は Web パーツとしてレポートを埋め込み、ユーザーが適切にアクセスできるようにします。ユーザーは、埋め込まれたレポートから powerbi.com のレポートまでをクリックできるようになります。 最初に、Power BI で埋め込みリンクを生成します。次に、作成したページでそのリンクを使用します。 埋め込みの詳細については、「SharePoint Online にレポート Web パーツを埋め込む」 (特に「要件」セクション) をご覧ください。

手順 1: 埋め込みリンクを生成する

  1. Power BI にサインインし、左側のナビゲーション ウィンドウからレポート名をクリックまたはタップします。

    レポートに移動

  2. [SharePoint Online に埋め込む] をクリックまたはタップします。

    SharePoint Online に埋め込む

  3. ダイアログ ボックスから埋め込みリンクをファイルにコピーし、[閉じる] をクリックします。 このリンクは、SharePoint ページを作成した後で使用します。

    SharePoint のリンクを埋め込む

手順 2: レポートを埋め込む

  1. SharePoint にサインインし、[サイト コンテンツ] をクリックまたはタップします。

    SharePoint サイト コンテンツ

  2. チームのホーム ページに単にレポートを追加することもできますが、レポート用に別ページを作成する方法についても説明します。 [新規][ページ] の順にクリックまたはタップします。

    新しい SharePoint ページ

  3. ページの名前を入力します (例: “プロジェクトの分析”)。

  4. プラス アイコン[Power BI] の順にクリックまたはタップします。

    Power BI ページのパーツの追加

  5. [レポートの追加] をクリックまたはタップします。

    レポートの追加

  6. 右側のウィンドウで、埋め込み URLを [Power BI report link](Power BI のレポート リンク) ボックスにコピーします。 [Show Filter Pane](フィルター ウィンドウの表示)[ナビゲーション ウィンドウの表示] の両方を [オン] に設定します。

    レポートの設定

  7. レポートがページに埋め込まれました。 [発行] をクリックすると、基になるレポートにアクセスできるユーザーが、レポートを利用できるようになります。

    レポートの埋め込みの完了

手順 3: レポートへのアクセスを許可する

Office 365 グループを使用している場合 (推奨)、アクセスを必要とするユーザーが Power BI サービス内のグループ ワークスペースのメンバーであることを確認してください。 これにより、ユーザーはそのグループのコンテンツを表示できるようになります。 詳細については、Power BI でのグループの作成に関するページをご覧ください。

今回のシナリオでの Power BI での作業は以上です。 SharePoint リストから Power BI にデータを抽出することから開始し、Power BI レポートを SharePoint に戻して埋め込む作業までを行いました。

次の手順

このチュートリアル シリーズの次の手順では、作成したワークフローを最初から最後まで一通り実行します