SharePoint Online をご利用で、ビジネス プロセスの自動化と効率化をお望みですか? PowerApps、Microsoft Flow、または Power BI を使用しているものの、SharePoint Online でどのように使用すればいいかをもっと知りたいですか? お探しのものはここにあります。 このチュートリアル シリーズでは、SharePoint リスト、および SharePoint Online と統合する 3 つの主要テクノロジである PowerApps、Microsoft Flow、Power BI に基づいて基本的なプロジェクト管理アプリを作成する方法を説明します。 これらのテクノロジの連携により、お客様のビジネスの 測定 、結果に基づく 行動 、ワークフローの 自動化 が容易に可能です。 このシリーズを終了すると、次のようなすばらしいシナリオが完成します。

完成シナリオの図

ビジネス シナリオ

このチュートリアル シリーズでは、SharePoint Online のサイトを持つ Contoso という会社が、このサイトでプロジェクトの申請、承認、開発、最終確認のライフサイクル全体を管理しています。 プロジェクト申請者 (各部門のトップなど) が SharePoint リストに項目を追加して、IT プロジェクトを申請します。 プロジェクト承認者 (IT マネージャーなど) によってプロジェクトが検討され、承認または却下されます。 承認されると、プロジェクトは プロジェクト管理者 に割り当てられ、同じアプリを使用して追加の詳細が 2 つ目のリストに追加されます。 SharePoint に埋め込まれた Power BI レポートを使用して、 ビジネス アナリスト が現在および完了したプロジェクトの見直しを行います。 承認メールの送信と Power BI のアラートへの対応には Microsoft Flow を使用します。

すぐに始める

このチュートリアル シリーズで紹介するシナリオは、本格的なプロジェクト管理や分析アプリと比べると単純ですが、それでもすべてのタスクを完了するには時間がかかります。 PowerApps、Microsoft Flow、Power BI を SharePoint の使用についての簡単な概要を必要とされる場合は、次の記事をご覧ください。

完了したら、このページに戻って完全なシナリオをご確認ください。

このシナリオ内でも関心のあるタスクに取り組んで、時間がある場合はタスクを完了することができます。 タスク 1 で SharePoint リストを設定したら、お好きな順序でタスク 2 ~ 5 に取り組むことができます。そのあとのタスク 6 ~ 8 は順番に取り組んでください。 最後に、このシナリオのダウンロード パッケージの一部として、完成した 2 つのアプリと Power BI Desktop レポートが 1 つ含まれています。 各タスクのすべての手順を完了していない場合でも、これらをご覧になって例から学ぶことができます。

前提条件

シナリオを完了するには、次のサブスクリプションとデスクトップ ツールが必要です。 Office 365 Business Premium サブスクリプションには、PowerApps と Microsoft Flow が含まれています。

サブスクリプションまたはツール リンク
Office 365 Business Premium のサブスクリプション 無料試用版のサブスクリプション
PowerApps Studio Web 用の PowerApps Studio (ダウンロード不要) または Windows 用の PowerApps Studio を使用
Power BI Pro のサブスクリプション 無料試用版のサブスクリプション (無料試用版をクリック)
Power BI Desktop 無料ダウンロード (無料ダウンロードをクリック)

各テクノロジの基本的な知識があることが望ましいですが、これらのテクノロジの一部になじみがない場合でも、シナリオを完了できます。 次のコンテンツを使用すると、すばやく習得できます。

次の手順

このチュートリアル シリーズの次の手順では、シリーズ全体で使用する SharePoint Online リストを設定します。