Microsoft Flow を使用すると、アプリでイベントが発生したときに 1 つ以上のタスクを実行するロジックを作成できます。 たとえば、ユーザーが選択したときに、SharePoint リストのアイテムの作成、電子メールまたは会議出席依頼の送信、クラウドへのファイルの追加、またはこれらのすべての処理を実行するようにボタンを構成できます。 アプリ内の任意のコントロールは、フローを開始するように構成できます。フローは、PowerApps を閉じた後でも実行し続けます。

前提条件

  • PowerApps にサインアップし、インストールして開きます。その後、サインアップに使用したのと同じ資格情報を入力してサインインします。

    : Web 用の PowerApps Studio でフローを追加または編集することはできません。

  • コントロールを構成する方法を確認しておきます。

フローの作成

  1. powerapps.com にサインインし、左側のナビゲーション バーで [フロー] を選択します。

  2. [マイ フロー] ページで、[一から作成] を選択します。

    テンプレートを使用せずにフローを作成するオプション

  3. [他のトリガーを検索してください] ボックスに「PowerApps」と入力するか貼り付けて、[PowerApps] オプションを選択します。

    フローを開始するトリガーを指定する

  4. [新しいステップ] を選択し、[アクションの追加] を選択します。

    アクションを追加するオプション

  5. [他のアクションを検索してください] ボックスで、フローのアクションを指定します。

    例:

    1. ボックスに「SharePoint」と入力し、そのボックスの下の一覧の [SharePoint - 項目の作成] を選択します。

      SharePoint 項目を作成するオプション

    2. ダイアログが表示されたら、SharePoint に接続するための資格情報を指定します。

    3. [SITE URL (サイトの URL)] ボックスに、リストを含む SharePoint Online サイトの URL を入力するか貼り付けます。

      注: リストを除いた、サイト自体の URL を指定してください。

    4. [リスト名] ボックスで、使用するリストを選択します。

    5. [タイトル] ボックスをクリックまたはタップし、[動的なコンテンツの追加] を選択します。

      [タイトル] フィールドに [PowerApps で確認] パラメーターを追加する

    6. パラメーターの一覧で、[PowerApps で確認] を選択します。

      パラメーターを追加する

  6. 画面上部で、フローの名前を入力するか貼り付けて、[フローの作成] を選択します。

    フローに名前を付けて保存する

アプリへのフローの追加

  1. Windows 用 PowerApps Studio で、[ファイル] メニュー (画面左側) の [新規] を選択します。

    : Web 用の PowerApps Studio でフローを追加または編集することはできません。

  2. [空のアプリ] タイルで、[携帯電話レイアウト] を選択します。

  3. テキスト入力コントロールを追加し、RecordTitle という名前を付けます。

  4. ボタン コントロールを追加し、RecordTitle の下に移動します。

  5. ボタン コントロールを選択した状態で、[アクション] タブの [フロー] を選択します。

    [アクション] タブの [フロー] オプション

  6. 表示されたウィンドウで、前の手順で作成したフローを選択します。

    カスタマイズ ウィンドウからフローを追加する

  7. 数式バーで、自動的に追加された数式の末尾に「RecordTitle.Text)」と入力するか貼り付けます。

    フローを含む OnSelect プロパティ

フローのテスト

  1. F5 キーを押して (または右上隅の矢印を選択して) プレビューを開きます。

    フローを含む OnSelect プロパティ

  2. RecordTitle にテキストを入力するか貼り付けて、ボタン コントロールをクリックします。

    指定したリストに、タイトルとして指定したテキストを含む SharePoint アイテムが作成されます。