マスクを装着している女性

今すぐローコードを導入するメリット

急速に変化する世界に合わせて細やかに適応する能力は、現代のビジネスにとって不可欠になりました。さまざまな課題にどれだけ迅速に対応できるかが、企業の長期的な成功を左右します。この重要性が増すに従って、企業はデジタル変革にすばやく取り組んで顧客が求める成長を実現し、競争力を維持する必要に迫られます。

こうした改善を企業が実施する方法は数多くありますが、絶えず変化する要件に対応し続けるために企業にローコード開発を導入するアプローチが、ますます一般的になっています。

企業が ローコード開発プラットフォーム を導入する魅力は、膨大なプログラムを手動で作成したり、ユーザー トレーニングに依存したりせずに、ビジネス アプリケーションをすばやく作成し、提供できることです。これにより時間を節約して企業の効率と生産性を改善できるだけでなく、カスタマー エクスペリエンスや自動化アプリなど、最も慎重さが求められるアプリに集中できます。

ローコードとは

簡単に言えば、ローコードとは開発能力を手に入れるスマートな方法です。具体的にはソフトウェアやアプリケーションを開発する手法のことで、コーディングの経験やナレッジがほとんどなくても、エンタープライズ グレードのビジネス アプリケーションをドラッグアンドドロップ機能とビジュアル ガイダンスで作成できるようになります。

このアプローチの魅力は、ほとんど誰でもアプリを開発できることです。市民開発者、つまり技術やプログラミングに必ずしも明るくない組織の従業員でも、効果的にすばやく ローコード プラットフォームでアプリケーションを構築する できます。

このシンプルなアプリケーション開発方法で誰でもアプリケーションを作成可能にすることで、専門の開発者や IT チームの負担を軽減し、より複雑でビジネスに欠かせないアプリの制作に専念できます。さらに、こうした開発者もローコード プラットフォームを利用すれば、コードをすべて手動で記述する必要がないため作業を高速化できます。

ビジュアル モデリングに対応したアプリケーション開発方法をお求めの場合は、ノーコード アプリケーション プラットフォームの利用をご検討ください。ローコードとノーコードは、その主な目的など、同様の特徴を備えています。両方のプラットフォームが従来のアプリケーション開発手法の代替として生み出され、両方とも市民開発者の能力を高めて企業による新しいアプリの構築をより簡単にします。

一方、異なる特徴もいくつか存在します。ローコード プラットフォームは少なくとも基本的なプログラミングの理解を開発者に求めますが、ノーコード プラットフォームはドラッグアンドドロップのアプローチを採用し、コーディングのナレッジを一切必要としません。ノーコードは利用できる機能が限られ、比較的小規模なアプリに適しています。一方、開発者がローコードを利用すると、一般的により洗練されたアプリを作成できます。

ローコードによる開発

ローコード プラットフォームには企業に役立つメリットが多数あります。たとえばツールを提供することで組織の敏捷性を促進し、従業員の能力を高め、ビジネスの課題を解決するプロフェッショナル グレードのアプリをすばやく構築できます。

ローコードをビジネスに導入するメリット:

  • 時間の節約。開発チームがアプリを開発するまで待つことなく、会社に所属するほとんど誰もが自分でアプリを作成できます。

  • 生産性の向上。開発者の負担を軽減してコーディングが必要なアプリの構築に集中できるようにし、その結果としてチームの業務を効率化します。

  • コストの削減。企業が新しい開発者を雇うことなく、既存のスタッフを市民開発者として活躍させます。これにより専門の開発者は、より多くのアプリをより短い時間で作成できます。

  • 柔軟性の獲得。ローコード プラットフォームを活用するとアプリを簡単に変更できるので、コードの記述に膨大な時間を費やさずに済みます。

ローコード アプリケーションの開発には課題も存在します。ローコードに必要なのは最低限の手動コーディングだけですが、それでも IT チームを完全に切り離すことはできません。市民開発者と専門の開発者を両者とも導くためには、IT チームのサポートを利用可能にする必要があります。

また、ローコード開発では従業員が構築している機能を企業が確認することが難しく、セキュリティ上の問題を引き起こす可能性があります。オンプレミスのローコード プラットフォームでは、通常 IT チームが開発プロジェクトを可視化することが困難です。それでも、こうした問題はクラウドに移行し、ルール ベースのアクセス許可を適用することで解消できます。