着席してテーブル上のノート PC に注目する男性

ローコード開発プラットフォームとは

デジタル変革の台頭と、リモート ワークへの移行によって、多くの企業が従業員の新しいニーズを満たす迅速な変化を迫られています。さらに在宅勤務する従業員の増加にともない、モバイル ユーザーをより適切にサポートし、従業員の生産性、コラボレーション、効率を維持する新しいアプリケーションの迅速な開発手法を、企業が継続的に取り入れる必要があります。

企業が従業員をサポートする有効な方法の 1 つが、ローコード開発の導入です。ローコード プラットフォームはプログラミングに大きく依存することなく、ドラッグアンドドロップ機能やビジュアル ガイダンスなどの手法でアプリケーション開発を簡素化します。つまり、技術的な専門知識や能力に関係なく社内の誰もがアプリを構築することで、企業は IT 部門の負担を軽減できます。

専門の開発者と異なり、市民開発者はハンド コーディングの知識を持たず通常は正式なプログラミング教育を受けていませんが、それでもローコード プラットフォームを使用すればアプリケーションを構築できます。ローコードによってアプリ構築プロセスがシンプルになるため、市民開発者はコーディングの専門家にならなくても効率的なアプリを構築できます。そして市民開発者を活用して IT や開発部門のリソースを解放することで、より複雑なプロジェクトに集中できます。

企業がローコード プラットフォームを導入し、開発者を支援することで、最先端の内部ワークフロー アプリケーション、自動化による時間節約、顧客エクスペリエンスの改善、シームレスな統合に対する高まるニーズに対応できます。さらに専門の開発者が利用すれば、コードを 1 行ずつ記述することなくアプリをすばやく構築できます。

ローコード プラットフォームが搭載する機能はそれぞれ異なるため、成功するためにはビジネスに適した製品の選択が重要です。たとえば、ビジネスに固有の課題を処理する十分な柔軟性を備えた、使いやすいプラットフォームを導入すれば、専門的かつユーザー ファーストなアプリを社内の誰もがすばやく作成できます。

ローコード開発プラットフォームのメリット

企業がローコード開発プラットフォームを導入すると、以下を提供して生産性と俊敏性を改善できます。

  • 効率。 開発者のスケジュールが空くまで待つ必要はありません。それぞれのチームがローコード開発プラットフォームを利用して、複数のプラットフォームに対応したアプリを同時に開発し、実際に動作するサンプルをすばやく提供できます。開発者がアプリを担当できる場合も、ドラッグアンドドロップ機能やユーザー フレンドリーな API など、直感的な機能を活用できます。

  • 柔軟性。 ローコード開発を利用すると、市民開発者が特殊なタスクを実行する柔軟なアプリを作成できます。こうした柔軟性は、アプリのスケーリングと拡張によって企業がプロジェクトを迅速に達成する場合に重要です。

  • 応答性。 ビジネスを細かく調整して急激に変化する市場に対応する必要がある場合、新しいデジタル イニシアチブこそが最適な方法です。ローコード開発を活用すると、フルスタック アプリケーションの提供と変更を迅速に実現できます。

  • 反復性。 ブランドが顧客に対応するたびに、ポジティブなエクスペリエンスを提供します。つまり、スムーズで一貫したエクスペリエンスを提供し、構築済みのテンプレートとチャットボットを活用することが、オンラインでの優れたアプローチ方法です。

ローコード プラットフォームはアプリを構築する技術的スキルを持たない従業員の能力を高めるだけでなく、専門の開発者にとっても優れたオプションです。多くのローコード プラットフォームは拡張性と、開発者が活用できる構成要素を備えているため、こうしたプラットフォームは様々な立場のユーザーにとって有利な選択です。

その結果、こうしたメリットによってビジネスの収益性を促進できます。社内のチーム向けに設計されたローコード アプリ開発を利用して、アプリの開発を外部の開発チームに委託せずに社内で行うことで、コストを削減できます。